【本日の見通し】ドル円は底堅い展開か

為替 

【本日の見通し】ドル円は底堅い展開か

 前日の海外市場では、ドル円は堅調な推移を見せた。ドル高の動きが続いて、145円乗せが視野に入ってきた。なお、144円台後半まで上昇すると介入警戒感などもあり、上値を抑えられやすくなった。
  
 ポンドドルは1.06~1.08台で推移した。26日に1.0350付近まで急落して最安値を付けた。その後英中銀(BOE)のベイリー総裁の臨時の声明を受けて下げ渋りを見せた。大きな下げが続いてきたものの、やや落ち着きを見せつつある。
  
 ユーロドルは26日にユーロ圏の景気減速への警戒感、ドル買いの動き、ポンドドルの下げへの連れ安などを背景に0.95台半ばまで下落した。ただ、27日も上値の重い展開となった。安値圏でのもみ合いの様相を呈している。
  
 ポンドドルもユーロドルの材料次第では再び荒れた展開になる可能性もありそうだ。
  
 ドル円は介入警戒感がやや上値を押さえそうだ。144円台での底堅い動きが続いて、再び145円乗せの可能性が出てきた。
  
 今日は15時に10月の独Gfk消費者信頼感、23時に8月の中古住宅販売成約指数などの発表がある。
  
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標