ドル円は108円ちょうど付近に戻す イベント通過で材料出尽くし感も=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場でドル円は下げ渋る動きが見られ、108円台に戻している。きょうは東京時間から戻り売りが強まり107.80円近辺まで下落していた。日銀が追加緩和を打ち出してこなかったことも失望売りに繋がった模様。

 日銀に関して追加緩和は期待されるものの、これまでの長期に及ぶ金融緩和で余力が小さくなっているとの見方もあり、きょうの政策据え置きは予想通りではあった。

 前日のFOMCを受けてドル円は108.45円付近まで上昇した。FOMCメンバーの金利見通し(ドット・プロット)では中央値は2020年にかけて追加利下げを見込んでいなかったことから、思ったよりもFRBはハト派に傾いていないとの見方に繋がった模様。ただ、パウエルFRB議長の会見では追加利下げに含みは残しており、中立スタンスで、今後については指標次第であることを強調していた印象もある。

 ドル円はイベント通過で材料出尽くし感からの利益確定売りが出たものと思われる。ただ、NY時間に入って108円台に再び戻しており、リバウンド相場の流れは堅持しているものと見られる。

 ポンドが急速に上昇しており、ポンドドルは1.2560ドル近辺まで一時上昇。ユンケル欧州委員長が「我々は英EU離脱で合意できると考えている」と述べたことが刺激したようだ。ポンド円も135.50円近辺まで一時上昇。

 きょうのユーロドルは買いが優勢となり、一時1.1070ドル近辺まで上昇し。ただ、1.11ドルを目指すほどの勢いはなく上値追いの動きは限定的。前日のFOMCを受けて1.1065ドル近辺から1.10ドル台前半まで下落したが、ドル買いの動きも続かず、ユーロドルは買い戻されている。ただ、FOMC前の水準まで来ると上値は重くなるようだ。

 ECBも追加緩和を打ち出していたが、期待ほどの規模でもなく、FRBも追加利下げに慎重な姿勢も垣間見せている。そのような中、ユーロドルも一旦方向感を無くしているようだ。21日線を挟んでの上下動が続いているが、21日線は下向きの流れを続けている。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標