アジア株 上海株は続落、2週間ぶり安値 

東京時間11:14現在
香港ハンセン指数   29670.09(-140.63 -0.47%)
中国上海総合指数  3155.79(-21.17 -0.69%)
台湾加権指数     10881.43(+5.83 +0.05%)
韓国総合株価指数  2236.86(-6.02 -0.27%)
豪ASX200指数    6276.60(+25.17 +0.40%)

アジア株は高安まちまち。
上海株は続落、約2週間ぶり安値をつけている。前日の米株下落を嫌気しているもよう。中国石油天然や中国石油化工などエネルギー関連が安い。ZTEなどハイテク関連の一角は上昇している。
豪州株は0.40%高、医療品やハイテク、金融株が上昇している。先ほど公表された2日の豪中銀議事録では「今後利上げが必要になる可能性は低い」「インフレが低水準を維持し失業率が上がれば利下げは適切」との内容だった。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標