【海外市場の注目ポイント】12月の米小売売上高など

為替 

 日本時間午後10時半に12月の米小売売上高が発表される。総合の大方の予想が前月比変わらず、自動車を除いた大方の予想が同0.2%減となっており、前月比では、総合が10・11月と2カ月続いていた減少に歯止めがかかる一方、自動車を除くと3カ月続けて減少するとみられている。8日に発表された12月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想外の減少となり、米労働市場の回復が腰折れするなか、12月の米小売売上高が予想を下回る結果になれば、米債利回りが低下し、ドルが売られる可能性がある。
  
 また、日本時間午後10時半には1月の米ニューヨーク連銀製造業景気指数や12月の米生産者物価指数も発表される。1月の米ニューヨーク連銀製造業景気指数は、大方の予想が6.0となっており、前月の4.9を上回り、4カ月ぶりに上昇すると見込まれ、12月の米生産者物価指数は、総合の大方の予想が前年比0.8%上昇、コアの大方の予想が同1.3%上昇となっており、総合の前年比の伸びが0.8%上昇から変わらず、コアの前年比の伸びが前月の1.4%上昇から鈍化するとみられている。
  
 さらに、日本時間午後11時15分には12月の米鉱工業生産指数、同16日午前0時には1月の米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値も発表される。12月の米鉱工業生産指数は、大方の予想が前月比0.5%上昇となっており、前月比では3カ月続けて上昇すると見込まれ、1月の米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は、大方の予想が79.5となっており、前月の80.7を下回り、2カ月ぶりに低下するとみられている。
 
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC