午後に入ってドル円は売りが強まる、午前中NZドルが急騰の場面=東京為替概況

今日の為替 

 昨日の海外市場でドル全面高の動きが見られ、ドル円は103円台後半から104円60銭台まで上値を伸ばした。その後、少し調整が入った東京市場では朝方株高などを好感した円売りが入り前日の高値圏に並ぶところまでドル円も上昇。しかし、上値はそこまでで、その後もみ合いを経て、午後に入ってドル売りの動きが広がり104円30銭台まで。

 午前中に大きな動きが見られたのがNZドル。ロバートソンNZ財務相が、オア中銀総裁にあてた書簡で直近の住宅価格上昇への懸念を示した。新型コロナウイルス対応での量的緩和策などの影響を警戒しており、中銀の目標として住宅価格の安定を加える可能性を示している。これにより中銀はこれ以上の緩和が難しくなるとの思惑が広がり、NZドルは急騰する展開となった。対ドルで0.6930前後から0.6980声を付けると、、その後少し調整も昼過ぎに0.6988まで上値を伸ばすなどNZドル買いの流れに。

 ユーロドルは狭いレンジで膠着。1.1840台からじりじりと1.1850台まで。ユーロ円はドル円がしっかりとなった局面で123円90銭を付けたものの、その後の円買いに上値から値を落としている。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC