ドル円は21日線まで回復 リスク回避のドル買いが根強い=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場、リスク回避のドル買いが続く中でドル円も105.70円近辺まで上昇する場面がみられた。特段の材料は見当たらないが、ドル買いが根強く出ている。このまま行けば、今週のドルは4月以来の好パフォーマンスとなりそうだ。ドル円は105.60円付近に21日線が来ているが、その水準での推移。上昇トレンドが明確に出るか、来週は重要指標が目白押しの中で、動向が注目される。

 欧米で再び感染拡大が加速しており、特に欧州では過去最多の新規感染者数を記録している。夏までに見られた早期景気回復への期待も一旦後退しており、市場は先行き不安を強めつつあるようだ。追加景気対策が期待されるところではあるが、米国では対策の規模を巡って対立しており、与野党の協議に前進がみられていない。最高裁判事の後任を巡る指名承認もあり、追加景気対策は11月の大統領選以降になるのではとの声も聞かれる。その大統領選も情勢が不透明な中で、投資家のリスク許容度は高まらないようだ。

 ユーロドルは戻り売りが続き、1.16ドル台前半まで下げ幅を拡大。21日線から下放れる動きが続いている。ただ、ポンドドルや豪ドル/ドルとは違い、まだ200日線や100日線からは、かなり上にあり、逆に下げ余地があるとも言える。欧州で感染第2波の拡大が顕著になっており、ユーロ圏の景気回復に不安感が強まり始めているようだ。

 しかし、強気な見方も依然として多く、下がったところでは押し目買いを推奨する声も根強くあるようだ。感染第2波により、短期的にはユーロドルの買いは鈍化する可能性があるが、感染がさらに激化し、全体的な封鎖措置が再度導入されない限り、ユーロの上昇トレンドが終了することはないという。年末までに1.22ドル台までの上昇を期待しているようだ。

 ポンドドルも戻り売りが続き、1.26ドル台まで一時下落。200日線が1.2720ドル付近に来ているが、その水準を再び下回る展開もみられた。ポンド円も一時133.85円近辺まで下落するなど上値の重い展開が続いている。

 EUとの貿易交渉は依然として突破口が見えず、英当局者は「隔たりを埋めるためには、EUの建設的態度をより現実的な立場に変換する必要がある」と述べていた。「交渉は最終段階にあり、特に漁業権と公平な競争条件の隔たりは依然として大きい」とも語っている。EU側も英国に譲歩を求めている状況。交渉ラウンドは10月末が期限となっているが、期限までに合意できるか不透明な情勢が続いている。

 一部からは、例え土壇場で妥協点に達し、12月31日までに貿易協定を締結できたとしても、英ポンドが急上昇することはないとの分析も聞かれる。英EU離脱は英経済に深刻な影響を与え、向こう数四半期に渡って、ポンドのバリュエーションに影響を及ぼす可能性があるという。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標