豪ドル/ドルが堅調、NZドル/ドルは0.66ドル台を回復=東京為替前場概況

為替 

 東京外為市場中盤、豪ドル/ドルは0.71ドル台後半で推移しており、本日の高値圏を維持。豪州中央銀行から四半期金融政策報告が公表され「銀行の資本は非常に良い状況を維持している」などのコメントがあった。加えて、午前10時45分発表の中国9月財新非製造業購買担当者景気指数(PMI)が市場予想を上回ったことも好感されている。
 
 NZドル/ドルは0.66ドル台を回復。前日は金融当局者が追加緩和策に積極的な姿勢を示したため、NZドル売りが強まる場面があったが、リバウンドが続いている。
 
 ドル円は106円を割り込んだ。本日は実質5・10日(ゴトウビ)となるが、ドル余剰との観測からドル売り・円買いが進んだもよう。日経平均株価の伸び悩みを背景にした円高も相まって、一時は105.81円付近まで弱含んだ。
 
 日経平均株価は小幅反落。前引けでは前営業日比33.87円安の2万3613.20円となった。
  
 午前11時35分現在では、ドル円は1ドル=105.87円、ユーロドルは1ユーロ=1.1774ドル、ユーロ円は1ユーロ=124.65円、ポンド円は1ポンド=137.13円、豪ドル円は1豪ドル=76.02円、NZドル円は1NZドル=69.91円、スイス円は1スイスフラン=115.60円、カナダ円は1カナダドル=80.29円付近で推移している。
 
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC