「ドル/円、雇用統計への不安で上値重い」 外為トゥデイ 2020年8月6日号

マネ育チャンネル 

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

目次

▼5日(水)の為替相場
(1):NY金 史上最高値更新
(2):米ADP悪い結果 雇用統計に懸念広がる
(3):米ISM非製造業 新規受注が過去最高

▼5日(水)の株・債券・商品市場&外為注文情報

▼ドル/円の見通し:
上値の重い展開

▼本日の注目イベント

5日(水)の為替相場

f:id:gaitamesk:20200806091920p:plain期間:5日(水)午前6時10分~6日(木)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):NY金 史上最高値更新

欧州株の上昇を受けてクロス円が上昇。ユーロ、豪ドル、ポンドに対して円が売られると同時に、これらの通貨に対してドルも下落したため、ドル/円は膠着。NY金先物が1オンス=2050ドルを超えて史上最高値を更新した事もドルの重しとなった。

(2):米ADP悪い結果 雇用統計に懸念広がる

米7月ADP全国雇用者数は16.7万人増に留まり、市場予想(120.0万人増)を大幅に下回った。これを受けて7日の米7月雇用統計も低調な結果になるとの懸念が広がり、ドル/円は弱含んだ。その後、米6月貿易収支は507億ドルの赤字(予想:502億ドルの赤字)となった事が発表された。

(3):米ISM非製造業 新規受注が過去最高

米7月ISM非製造業景況指数は58.1と市場予想(55.0)を上回り前月(57.1)から予想外の上昇となった。構成指数の新規受注が統計開始以来の高水準となった事が寄与した。一方、雇用指数は前月から小幅に低下した。これを受けてドルを買い戻す動きとなり、ドル/円は反発。クロス円はストレートドルの下落が重しとなり上値が重くなった。

5日(水)の株・債券・商品市場&外為注文情報

f:id:gaitamesk:20200806091954p:plain

ドル/円の見通し:
上値の重い展開

昨日のドル/円は終値ベースで約0.1%下落。NY市場序盤、米7月ADP全国雇用者数が前月比16.7万人増に留まり、市場予想の120.0万人増を大幅に下回ると105.32円前後まで下落した。その後、米7月ISM非製造業景況指数が58.1と、低下予想に反して上昇(前回:57.1、予想:55.0)すると105円台半ばへと持ちなおしたが、前日終値は超えられなかった。

米7月ADP全国雇用者数の結果を踏まえ、明日7日の米7月雇用統計も低調な結果になるとの不安がドルの重しになると見られ、ドル/円は本日も上値の重い展開となりそうだ。なお昨日は、米7月ISM非製造業景況指数の内訳の雇用指数も42.1と前月(43.1)から悪化した。本日の米新規失業保険申請件数の結果も注目されよう。

本日の注目イベント

f:id:gaitamesk:20200806082707p:plain※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

●免責事項本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

マネ育チャンネル:外為どっとコム

執筆者 マネ育チャンネル

執筆者 : マネ育チャンネル|

マネーを育てよう!をテーマに、外為どっとコム総合研究所に所属する研究員が執筆するオリジナルレポートのほか豪華講師陣の貴重なFXレポート、個人投資家や著名投資家のインタビュー記事など、バラエティ豊かな情報を配信しています。為替トレンドに合わせた特集記事やFX初心者でも安心の学習コンテンツを用意しており、個人投資家の取引技能の向上に寄与すべく活動しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC