ドル円は落ち着いた動きに=東京為替概況

今日の為替 

 ドル円は比較的落ち着いた動きとなった。昨日の海外市場でドル円は105円50銭台から106円40銭台まで上昇した後、105円台に値を戻す大きな振幅を見せた。その後を受けた東京市場でドル円は朝の105円台から106円台に上昇と、やや下値しっかりの展開を見せたが、上値は106円19銭までと限定的。昨日は東京市場でも106円40銭台から105円台に戻す振幅を見せるなど、不安定で荒っぽい動きを見せた後だけに、上下ともに積極的な取引に慎重な動きとなった。

 ユーロドルは1.1770前後での推移。朝の1.1750台から若干上昇も値幅はドル円同様に限定的。

 13時半に豪中銀理事会の結果が発表され、事前見通し通りの政策金利及び3年物金利目標の現状維持が示された豪ドルは、対ドルで0.71台前半での推移が続いた。事前見通し通りの結果ということで結果に対する反応は鈍い。声明は楽観姿勢が若干後退という印象も想定の範囲内か。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC