広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

一時円高進行も反発=東京為替概況

今日の為替 

一時円買いも続かず=東京為替概況

 ドル円は円債利回り上昇と、ドル高の調整などに朝から売りが入り、朝の156円90銭前後から156円63銭を付けた。円債利回りは昼過ぎまで上昇が続き、ベンチマークとなる10年国債利回りは朝の1.021%から1.04%を付けた。その後少し調整された。
 円債利回りの上昇一服に加え、14時に公表された4月の日銀コア消費者物価が刈込平均、加重平均、最頻値いずれも3月から鈍化したことなどが円売りにつながり、156円80銭台まで買いが出た。

 ユーロドルは朝の1.0860ドル前後から1.0880ドル台に上昇。その後はもみ合いとなった。

 ユーロ円は対ドルでのユーロ高もあり、朝からしっかりも、ドル円の下げが重石となり170円台半ばからが重くなる場面が見られた。その後ドル円の反発で170円60銭前後まで上昇した。ポンド円はドル円の下げもあって朝の200円40銭前後から200円10銭台まで下落。その後の反発で下げ分を解消。

MINKABUPRESS山岡

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

関連タグ

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます