円売りがやや優勢、景気悪化懸念の広がりは限定的=東京為替前場概況

為替 

 東京午前のドル円はしっかり。一時133.49円付近まで水準を切り上げた。今週は中国経済指標のさらなる悪化を受けて世界的な景気懸念が強まったが、東京時間帯においてはリスク回避の円買いは限定的で、むしろ円売りが優勢。主要な米株価指数が戻り歩調を維持しており、悲観的な雰囲気は広がっていない。

 ユーロ円は135.63円付近、ポンド円は160.85円付近、豪ドル円は93.80円付近まで強含み。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC