英中銀はタカ派に傾斜も、英経済への短期的なリスクも指摘される=NY為替

為替 

 きょうはドル買いが優勢となる中でポンドドルは戻り売りが優勢となっている。前日の英中銀金融政策委員会(MPC)が予想以上にタカ派色が強かったことから、ポンドドルは買いが強まり、1.37ドル台半ばまで一時上昇した。その上に21日線が来ており、試すか注目されたが、結局、その水準には到達することなく下落している。

 英中銀は引き締めに傾いているが、英経済への短期的なリスクを考慮すると、ポンドは今後も軟調な展開が続く可能性があるとの指摘も聞かれる。英国では10月以降、パンデミック関連の支援は減少し、エネルギー価格も上昇、そして、供給のボトルネックはしばらく継続することが見込まれる。

 パンデミックの間に実施された給付金の増加が取り除かれるのと同時に、光熱費上昇による実質所得への打撃は、消費者信頼感を低下させ、経済の最大のファクターである個人消費を弱める可能性があるという。

GBP/USD 1.3664 GBP/JPY 151.37 EUR/GBP 0.8575

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年2月27日(土)午前1時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「16時〜25時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標