ドル円は109円台前半での上下動が続く=NY為替後半

為替 

 NY時間の終盤に入っても、ドル円は109円台前半での狭い範囲での上下動が続いている。米株と米国債にらみの展開が続いているが、前日は市場にリスク回避の雰囲気が強まり、ドル円も伸び悩む動きがみられた。本日はその雰囲気も一服しているが、ドル円が上値を積極的に追う雰囲気までは出ていない。

 この日発表の米経済指標は、予想こそ下回ったものの、力強い内容の発表が相次いだ。4月のISM非製造業景気指数は予想を下回り、過去最高を記録した前回からやや一服したことが示されたが、景気判断の50はしっかりと上回っており、繰延需要が続いていることを示していた。

 市場はFRBがいつ慎重姿勢を転じるのか気掛かりとなっている。前日はイエレン米財務長官が景気過熱の抑制で金利上昇が必要になる可能性に言及したことに敏感に反応していた。FRBの独立性もあり、長官はその後に「金利上昇を予想せず、推奨もせず」と述べ、火消しに回ったが、市場が神経質になっていることは明らか。ただ、米インフレが過度かつ継続的なオーバーシュートのリスクは低いとし、ドル上昇余地は限られるとの指摘も聞かれる。そのため、ドル円が大きく上振れる可能性は低いとの見方もあるようだ。

 この日はFOMCメンバーの発言が数多く伝わっていたが、慎重姿勢を堅持しており、インフレ上昇は利上げに十分などほど安定していないとの発言も聞かれた。

 ユーロドルは戻り売りが優勢となり、大きな心理的節目の1.20ドルを割り込んでいる。一方、1.19ドル台を下押しする動きまでは見られず、1.19ドル台後半で推移している状況。ただ、きょうの下げで21日線を下回っており、4月の上げの調整が強まるのか、明日以降の動きが警戒される。200日線が1.1945ドル付近に来ており、目先の下値メドとして意識される。

 今週末に米雇用統計の発表が予定されているが、力強い内容が見込まれている。予想通りの強い内容となった場合、米国債利回りは上昇が想定されるが、米国債の動きはユーロ債にも反映され、欧州債利回りをさらに上昇させる可能性も想定される。もし、欧州経済のパフォーマンスが正当化する以上に欧州債利回りが上昇すれば、ECBは何らかの対応策を取り、欧州経済の勢いが回復するまで、利回りを可能な限り低く保つように努める可能性があるとの見方も出ている。一方、欧州経済の回復が利回り上昇を正当化すれば、ECBは利回り上昇を容認するという。

 ポンドドルは1.39ドルちょうどを挟んで一進一退。明日の2大イベントを控えて様子見が強まった。そのイベントは英中銀金融政策委員会(MPC)とスコットランド議会選挙。今回の英MPCは金融政策報告書(MPR)も公表され、成長見通しの上方修正が有力視されている。同時に資産購入ペース縮小を示唆するとの予想も出ているが、それについては見方が分かれている状況。

 一方、スコットランド議会選挙については、最新の世論調査で、独立支持のスコットランド民族党(SNP)が第1党となりそうだが、過半数は難しいとみられている。SNPは独立の是非を問う2回目の住民投票実施に向け、過半数確保を目指している。ただ、サバンタ・コムレス/スコッツマンの調査によると、SNPの獲得議席は単独過半数に6議席足らず、SNPと協力する緑の党が9議席獲得する可能性があるとの調査結果を発表していた。住民投票の実施はSNPが議会選挙で完全に過半数を獲得した場合に限ると見られており、また、住民投票が行われた場合でも、独立を支持する結果となるかは不透明な情勢だ。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標