ドル円は上値の重い展開続く ポンドが下に往って来い=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場、ドル円は上値の重い展開となり、104.55円付近まで下落する場面も見られた。前日のFOMCを受けてドルに買い戻しが見られ、東京時間のドル円は105円台に戻していたものの、その水準を維持できずに戻り売りに押されている。上値の重さを印象付ける動きではあった。

 前日のFOMCは大方の予想通りであったこともあり、積み上がっていたドルショートを巻き戻すきっかけとなったようだが、先週からある程度、事前に巻き戻しの動きが出ていたことから、ドル買いは続いていない。一方、米株に調整が入っており、それを受けた円高の動きがドル円を圧迫していた。

 FOMCに市場はドル買いの反応を見せたものの、FOMCメンバーの17人中13人が2023年末までゼロ金利政策が続くと予想していた。FRBが雇用とインフレが目標水準に達するまで低金利政策を継続するとの意志が示される中で、ドル高は続かないとの見方が強まっている。そのような中で、一部からはドル円は100円までの下落の可能性も意識され始めているようだ。

 ユーロドルはNY時間に入っても買い戻しが続き、1.18ドル台を回復。前日のFOMCは大方の予想通りであったこともあり、積み上がっていたドルショートを巻き戻すきっかけとなった。しかし、先週からある程度、巻き戻しが出ていたこともありドル買いは続いていない。ユーロロングの調整もある程度一服して来ているのかもしれない。東京時間に一時1.1740ドル近辺まで値を落とし、強いサポートとなっていた1.17ドルを維持できるか注目されたが、いまのところ、その水準は維持されているようだ。

 ユーロ高に対するECBのけん制も警戒される中で8月以降、ユーロドルは上値を抑えられた動きが続いている。しかし、下向きの流れに変化した兆候までは見られていない。ユーロドルは重要な節目の1.20ドルには慎重なようだが、再び試しそうな雰囲気は維持されている。本日の21日線が1.1840ドル付近に来ており、その水準を回復する動きが見られた。

 ポンドドルは下に往って来いの展開。この日の英中銀金融政策委員会(MPC)は大方の予想通りに据え置きとなったものの、将来にマイナス金利の採用が正当化された場合に効果的に実施する方法を探る考えを示したことで、ポンドは一気に売りが強まった。英中銀はパンデミックはもちろんのこと、合意なき離脱のリスク、更には合意できたとしても、離脱そのものの英経済の影響を警戒しているものと思われる。

 ただ、NY時間に入ってフォンデアライエン欧州委員長の「英国との合意はまだ可能と確信している」との発言が伝わり、ポンドは一気に買い戻しを強めている。ポンド円も瞬間136円付近まで上昇した。

 市場からは早期のマイナス金利採用には懐疑的だ。少なくとも次回11月のMPCでのマイナス金利採用はないとの見方が有力となっている。むしろ、現状の量的緩和を延長する可能性が高いと見ているようだ。現行の資産購入規模の上限は7450億ポンドだが、資産購入は2021年まで延長され、総額は8450億ポンドまで拡大すると見られているようだ。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

DMM FX 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

YJFX! 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

GMOクリック証券 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 51

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 21

DMM FX 48

ドル円 8
豪ドル円 4
トルコリラ円 ---

みんなのFX 48

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 21
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標