ドル円は108円台前半で上下動 明日のFOMCの結果待ち=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場でドル円は108円台前半での推移が続いた。きょうはサウジのリスクは一服する中、ドル売り・円売りの動きからドル円は108円台前半での上下動に終始した。ただ、108円台はしっかりと維持しており、100日線の水準を固める動きも見られている。

 8月後半からのリバウンド相場の流れを堅持し、高値圏を維持している状況。100日線に到達し、次の材料待ちといった雰囲気だが、きょうからFOMCが始まった。明日の現地時間午後2時(日本時間19日午前3時)に結果が発表。トランプ大統領による大胆な利下げへの圧力は続いているものの、市場では今回は利下げを確実視も、利下げ幅は0.25%に留まるとの見方が有力。ただ、市場も十分に織り込んでおり、0.25%の利下げであればサプライズは無さそうだ。

 今回はFRBの経済見通しやFOMCメンバーの金利見通し(ドット・プロット)が公表され、むしろ、そちらが注目となりそうだ。朝方発表の8月の鉱工業生産も予想を上回っていたが、足元のファンダメンタルズからすれば、FOMCメンバーはそうハト派にはなれそうもない。そのよう中、2020年末の金利見通しをどのように見ているか注目される。市場では今回を含めて2020年末までに0.25%づつ、あと3回か4回の利下げを織り込む動きが出ている。

 ユーロドルはロンドン時間朝方こそ1.10ドルを割り込む場面が見られたものの、NY時間にかけて買い戻しが続き1.1075ドル付近まで上昇。本日の21日線は1.1050ドル近辺に来ているが、その水準を再び上回る動きとなっている。

 きのうは無人機によるサウジ石油施設への攻撃で、原油相場が急上昇していたが、トランプ大統領が戦争はしたくないと述べていたことに加え、サウジの生産は見通しよりも早期に回復との期待が高まり、9月末までにアブカイク製油所の生産量は攻撃前の水準回復目指すとしている。前日はリスク回避のドル高も見られ、ユーロドルは戻り売りが強まっていたが、きょうは逆の動きとなっている模様。

 ポンドドルも買い戻しが強まっており一時1.25ドル台まで上昇し100日線の水準に戻している。なお、ジョンソン英首相の議会閉会決定を英最高裁が17日から3日間かけて審理することが決まった。最高裁判事は政府に対し、敗訴した場合に首相が議会を再開するのか否かについて明確な説明をするよう求めた。判決次第ではジョンソン首相の地位が脅かされかねないことから、その結果が注目される。

 また、英FT紙はカーニー英中銀総裁が離脱先送りで任期延長を求められる公算と伝えていた。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標