米リセッション懸念などが重石となり、一時ドル売り円買い=東京為替概況

今日の為替 

米リセッション懸念などが重石となり、一時ドル売り円買い=東京為替概況

 136円台前半で朝の取引を迎えたドル円は、仲値後からドル売りの動きが徐々に強まり、135円台半ばを割り込んで売りが加速。一時135円10銭台まで。米国のリセッション懸念が昨日のパウエルFRB議長議会証言で強まったことなどがドル売りに。また、中尾元財務官が介入の可能性否定できないと発言したことなども、ドル売り円買いに寄与した。
 日経平均がマイナス圏で前場引けとなり、円買いが入りやすい地合いとなっていた面も。

 午後に入って下げ幅を縮めた株の動きもあり、ドル円は安値を付けた後は買い戻しが優勢に。日経平均は結局プラス転して引けており、円売りに寄与。

 ユーロ円も144円ちょうど前後から一時142円80銭台まで。その後143円台にしっかり戻した。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC