英中銀の自信のなさから、ポンドは苦戦する可能性があるとの見方も=NY為替

為替 

 きょうの市場は中国経済への不安感からリスク回避の雰囲気が広がっており、景気に敏感な通貨との位置づけの強いポンドは売りが加速している。ポンドドルは一時1.3640ドル付近まで下落しており、21日線を下放れる動きを加速させている。

 今週23日に英中銀金融政策委員会(MPC)が予定されている。先週の英雇用統計や英消費者物価指数(CPI)は強い内容となったものの、据え置きの声が多いようだ。一部からは、英中銀の自信のなさから、ポンドは今後数週間、苦戦する可能性があるとの指摘も出ている。

 英インフレは高いものの、小売売上高やその他の指標には弱い内容も出ている。これまでの2022年の利上げ開始予想が揺らぎ始めており、今週のMPCを受けてポンドは勢いを失う可能性も留意されるという。

GBP/USD 1.3658 GBP/JPY 149.38 EUR/GBP 0.8588

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年2月27日(土)午前1時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「16時〜25時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC