ドル円が107円に接近、株高と米債利回り上昇で=ロンドン為替概況

今日の為替 

ドル円が107円に接近、株高と米債利回り上昇で=ロンドン為替概況

 ロンドン市場は、ドル円が107円に接近している。欧州株や米株先物が上昇、NY原油先物が買われるなかで為替市場ではリスク選好の円安とドル安の圧力が働いた。一方で、米10年債利回りが1.45%台に上昇しており、ドル高圧力もみられた。ドル円は両サイドからの支援材料で前日高値をわずかに更新、106.97レベルまで上昇。107円台を視野に入れている。ユーロドルはドル売り先行で高値を1.2113レベルに更新。その後は上値を抑えられての揉み合いとなっている。ユーロ円は129円台前半で、高値を129.46レベルまで伸ばした。ユーロ買いには、ECB関係者が債券利回り抑制で劇的な行動の必要はないとの見方を示したとの報道に反応した面もあった。ポンドドルは一時1.4006レベル、ポンド円は149.70レベルまで高値を伸ばした。2月ユーロ圏非製造業PMI確報値は速報値から上方改定された。一方、英非製造業PMI確報値は小幅に下方改定だった。しかし、ユーロポンドはやや売り優勢となっている。

 ドル円は107円付近での取引。東京市場朝方の106.68レベルを安値に、じり高の流れが継続している。ロンドン市場では前日高値を上回り106.97レベルまで高値を伸ばした。欧州株や米株先物が堅調に推移、NY原油先物が61ドル台を回復するなどリスク選好の動きが背景。米経済支援法案の早期成立への期待があるようだ。107円台を目指す動きになっている。

 ユーロドルは1.20台後半での取引。前日海外市場での上昇を受けて東京市場では1.20台後半に高止まりしていた。ロンドン市場では一段高となり、1.21台乗せから高値を1.2113レベルまで伸ばした。ただ、その後は上値を抑えられている。ユーロ円は129円台前半で一時129.46レベルまで高値を更新した。ただ、上値では売りが出ている。対ポンドではユーロ売りが優勢。ユーロ買い局面では、ECB関係者が債券利回り抑制で劇的な行動の必要はないとの見方を示したとの報道に反応した面もあった。2月ユーロ圏非製造業PMI確報値は速報値から上方改定された。バイトマン独連銀総裁は、ECBはまだリバーサルレートに達してはいない、と分析しており、ユーロの上値を重くした面も。

 ポンドドルは1.39台後半での取引。朝方に1.3937レベルまで下押しされた後は、買いが優勢となり高値を1.4006レベルまで伸ばした。ポンド円も一時149円台割れとなったあとは、すぐに買い戻しが入り、高値を149.70近辺まで伸ばしている。対ユーロでのポンド買いもあって、底堅く推移している。2月の英非製造業PMI確報値は小幅に下方改定されたが、ポンド売り反応はほとんど見られなかった。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC