【海外市場の注目ポイント】バイデン米次期大統領の経済対策など

為替 

 この日、バイデン米次期大統領が経済対策を発表する。昨年末に成立した総額9000億ドルの追加経済対策では給付金は1人当たり600ドルとなっていたが、バイデン氏は、前週に発表された12月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想外の減少となるなか、給付金の2000ドルへの引き上げ実現に意欲を見せている。一部で報じられているようにバイデン氏の経済対策が総額2兆ドルという大規模なものになるようであれば、米債利回りの上昇からドルが買われる可能性がある。
 
 また、このあとの海外市場では、米連邦準備理事会(FRB)関係者が相次いで発言する。日本時間午後11時にローゼングレン米ボストン地区連銀総裁の講演、同15日午前1時にボスティック米アトランタ地区連銀総裁のバーチャル討論会司会、同15日午前2時半にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長のウェブセミナー参加、同15日午前3時にカプラン米ダラス地区連銀総裁のバーチャル会議参加が予定されている。
  
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標