ポンド相場が上下動、通商交渉めぐり神経質に=ロンドン為替概況

今日の為替 

ポンド相場が上下動、通商交渉めぐり神経質に=ロンドン為替概況

 ロンドン市場では、ポンド相場が神経質に上下動している。英国とEUとの通商交渉が大詰めを迎えており、関連報道に敏感に反応している。ロンドン朝方は売りが先行。EU首脳会議の総括草案で、合意なき離脱に備えた準備の強化をメンバー国に要請する内容が報じられた。ポンドドルは1.29台割れから1.2863レベルまで下落。一方、一部報道で英国はEUとの通商交渉を直ちに打ち切ることはしないと示唆、と伝わると、一気にポンド買いが広がった。ポンドドルは1.2976レベルまで急伸した。現時点では双方が合意に向けた努力を続けており、ポンド売りの動きは落ち着いている。ユーロドルは1.17台前半から半ばでの振幅。上下幅を広げながらも、前日からの安値水準での推移にとどまっている。ドル円は105.30-50レベルでの揉み合いに終始している。

 ドル円は105円台前半での取引。東京午前に105.31レベルまで下落、その後は買い戻され、ロンドン朝方に105.52レベルの高値をつけた。ロンドン時間に入ってからはレンジ内での取引に終始しており、方向感に欠けている。欧州株や米株先物は小高く推移していたが、足元では下げに転じてきている。ただ、ドル円は目立った反応を示していない。

 ユーロドルは1.17台前半での取引。前日の海外市場で下落した安値圏での推移となっている。ロンドン序盤に1.1754レベル、その後に1.1720レベルまで下押しされた。ユーロ円はロンドン朝方に123.94レベルまで買われたあとはじり安となり、123.59レベルに安値を広げた。ただ、いずれも値幅は限定的。ポンド相場の振幅を横目に積極的な動きはみられていない。

 ポンドドルは1.29台後半での取引。この日はポンド相場神経質に上下動している。英国とEUとの通商交渉が大詰めを迎えており、関連報道に敏感に反応。ロンドン朝方は売りが先行。EU首脳会議の総括草案で、合意なき離脱に備えた準備の強化をメンバー国に要請する内容が報じられた。ポンドドルは1.29台割れから1.2863レベルまで下落。一方、一部報道で英国はEUとの通商交渉を直ちに打ち切ることはしないと示唆、と伝わると、一気にポンド買いが広がった。ポンドドルは1.2976レベルまで急伸した。現時点では双方が合意に向けた努力を続けており、ポンド売りの動きは落ち着いている。ポンド円はポンドドルに沿った値動きで、135.67近辺まで安値を広げたあとは、136.72レベルに高値を更新した。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標