リスク動向定まらず、為替もまちまちに、ドル円は105円台半ば=ロンドン為替概況

今日の為替 

リスク動向定まらず、為替もまちまちに、ドル円は105円台半ば=ロンドン為替概況

 ロンドン市場では、方向性が定まらない。米株先物が下げたことを受けて欧州株も軟調に取引を開始した。その一方で、ナスダック先物だけはプラスに転じると上げ幅を1%超に拡大。また、原油先物は40ドル台を回復するなど、まちまちの動き。為替市場ではドル円は105円台前半でじり高となり、一時105.51レベルまで買われた。クロス円は序盤にやや売られたが、次第に下げ渋っている。ただ、戻りの勢いは通貨ペアことで異なっている。ユーロ円は124円台前半で上値が重い。10月独ZEW景況感が7カ月ぶりに低下したことが上値を抑えている。ポンド円は137円台前半から後半へと上昇。しかし、バルニエEU首席交渉官が、最終的な詰めに入れるほど進展はなかった、と述べると、ポンドは序盤の上げを帳消しにした。この日発表された英ILO雇用統計は失業率が上昇、雇用者数が予想以上の減少と、新型コロナ感染拡大の影響がでていた。一方で、豪ドル、カナダドル、NZドルなど資源国通貨グループは堅調。カナダ円は80円台半ば、NZドル円は70円台乗せへと高値を更新。豪ドル円は東京市場での下げをほぼ解消している。

 ドル円は105円台半ばでの取引。上下動しながらも次第に水準を上げており、一時105.51レベルと本日高値を更新した。その後も105.40台に高止まりしている。ユーロドルが下落する動きがドル高につながった面があるとともに、クロス円の反発が円安のつながった面も交錯した。米株先物はダウとS&P500はマイナス圏も、ナスダックは上昇に転換とまちまち。決算シーズンが始まっており、その内容次第で神経質に動いている。

 ユーロドルは1.17台後半での取引。序盤は売りが先行し、安値を1.1778レベルに広げた。その後は1.18台手前まで反発。しかし、10月独ZEW景況感が56.1と7カ月ぶりに悪化したことで上値が重くなっている。ユーロ円は124.16レベルまで下落したあと、124.45近辺まで反発と上下動。方向性に欠ける展開になっている。

 ポンドドルは1.30台前半での取引。序盤に1.3016レベルまで下落したあとは、1.3070近辺まで買い戻された。その後は再び上値を抑えられている。バルニエEU首席交渉官が、最終的な詰めに入れるほど進展はなかった、と述べると再び1.30台前半に押し下げられている。ポンド円は137.28レベルまで下落したあと、137.78レベルまで上昇。バルニエ発言後は137円台前半へと再び下落。ユーロポンドは下に往って来い。0.90台前半から半ばでの取引となっている。この日発表されたILO雇用統計では失業率が上昇、雇用者数が予想以上に減少と、新型コロナ感染拡大の影響が影を落としていた。EUとの交渉難航とともにポンドには売り材料が多いものの、比較的底堅い流れとなっている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

DMM FX 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

YJFX! 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

GMOクリック証券 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 50

ドル円 7
豪ドル円 5
トルコリラ円 19

みんなのFX 48

ドル円 7
豪ドル円 5
トルコリラ円 19

DMM FX 44

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 ---
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC