ドル円は107円台後半まで一時上昇 リスク回避は強まっていないがドル買い優勢に=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場、NY時間に入ってドル買いの動きが優勢となり、ドル円は107円台後半まで一時上昇した。先週末に急落していた米株は反発しており、リスク回避の雰囲気は強まっていない。ただ、ドル円は買いが優勢となっている。この日発表の米住宅指標が予想外に強かったこともあるが、期末が接近していることもあり、ポジション調整の動きが出ているのかもしれない。

 きょうのドル円は107円割れを何度か試す動きが見られたものの、強くサポートされたことも買い戻しを誘発した可能性もありそうだ。107円台半ばの水準が強い上値抵抗となっていたが、その水準を突破したことで、ストップを誘発しているようだ。21日線を回復して来ており、目先は100日線が107.95円付近に来ている。

 ユーロドルは戻り売りが優勢となり、1.12ドル台前半に伸び悩んだ。ロンドン時間には一時1.1285ドル近辺まで上昇していた。この日のマクロン仏大統領とメルケル独首相との首脳会談に期待が高っていた面もあったようだ。欧州委員会が提案している7500億ユーロ規模の復興基金に関して協議され、両者は支持する意向を示すものと見られていた。ただ、メルケル独首相は「なお抵抗が多い」と述べている。米国での感染第2波は深刻さを増しているが、欧州ではまだ安定しており、その辺の格差もユーロ買いを誘発していたのかもしれない。

 しかし、市場の一部からは、短期的には景気刺激策が同地域の経済をサポートするものと思われるが、中期的には回復に十分なのかといった疑問も出ており、年末にかけてユーロドルは1.05ドルまで下落するとの声も聞かれる。

 きょうはポンド売りが目立ち、ポンドドルは5月末以来の1.22ドル台に下落。対ユーロでも下落した。きょうからEUとの貿易交渉が再開。先週、バルニエEU首席交渉官が先週、交渉は「10月が正念場になる」と述べていたが、しばらくは双方の意見が対立し難航が予想される。

 一方、ジョンソン英首相は明日「大きな計画」を発表すると述べていた。新型ウイルス感染からの景気回復を促すために刺激策の概要を説明すると思われる。ただ、市場からは英財政赤字への懸念も出始めており、以前のように大胆な刺激策の発表が、ポンド買いに素直に結びつくかは未知数の部分も多い。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

外為どっとコム 97

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

LIGHTFX 84

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 84

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 65

ドル円 8
豪ドル円 2
トルコリラ円 21

みんなのFX 60

ドル円 6
豪ドル円 2
トルコリラ円 21

SBIFXトレード 58

ドル円 6
豪ドル円 3
トルコリラ円 8
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標