ポンドは北アイルランド議定書のニュースに動じず=NY為替

為替 

 きょうの為替市場はドル買い戻しが強まる中でポンドドルも戻り売りに押されており、1.21ドル台に下落している。21日線に届かずに失速している格好となっており、チャート的には上値が重い展開に変化はなさそうだ。

 きのう英下院は北アイルランドを巡ってEUと締結した通商ルールの一部廃止を可能とする「北アイルランド議定書法案」について、手続きを進めることを賛成多数で承認した。議会手続きの最初のハードルを越えた形で、今後は内容の精査に入る。

 この動きにEU側は国際法違反と反発しており、英国内でもメイ前首相が「英国の地位を低下させる」と批判している。この法案が最終的に成立するかはなお不透明で、上院(貴族院)では政府が過半数を押さえておらず、多くの議員が法案に懸念を表明している。

 ただ、ポンドは北アイルランド法案のニュースにほとんど反応を示していない。市場はこのシナリオをほぼ織り込んでおり、現時点で英中銀の行動には影響しないとの見方で一致している模様。

GBP/USD 1.2196 GBP/JPY 166.21 EUR/GBP 0.8636

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標