ドル円は堅調な展開続く パウエル証言には冷静な反応=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場でドル円は堅調な展開続いた。午後になってパウエルFRB議長の米下院での議会証言が伝わった。事前原稿は前日に伝わった内容と同じで注目は質疑応答だったが、市場の反応は冷静で為替市場はややドル売りの反応を見せている。

 議長は質疑応答で「FRBは予防的に利上げすることはない。
不平等を緩和させるためのFRBの最善策は雇用に焦点を当てること。インフレに影響している要因は時間の経過と伴に低下する」などと慎重な口調で述べていた。

 序盤のドル円は買いが優勢となり、一時110.80円近辺まで上げ幅を広げた。米株が下げて始まったものの、再びプラス圏に戻したことで、ドル円に買い安心感が出ていたようだ。ユーロ円やポンド円なども上昇し、リスク選好の円安が見られていた。ドル円は先週つけた直近高値に一時並び、111円台を試すか注目される。

 市場の一部からは9月に資産購入ペース縮小の開始について明らかにするとの見方も出ており、議長への質疑応答でその辺のヒントが出るか注目される。FRBは資産購入ペース縮小のタイミングを今後数カ月で明らかし、9月のFOMCが有力と予想もあるようだ。ただ、FRBが毎月の購入ペースを徐々に縮小する場合は、約2ー3四半期かけた段階的な経路をたどる可能性があるという。

 ユーロドルは買戻しの動きを強め、1.1955ドル付近まで一時上昇。ユーロ買いの材料は特に見当たらないが、ドル売りの動きがユーロドルを押し上げたようだ。

 先週のFOMCでFRBがややタカ派よりの動きを示唆したことで、市場は驚きに包まれ、市場のボラティリティも急速に上昇した。ドルも買い戻しが強まり、短期的にはさらに上昇の余地があるのかもしれないが、この上昇は持続しないとの見方も出ている。今回がドルのターニングポイントになるとは信じ難く、今年の下半期にはドルは軟調に推移するとみているようだ。背景としては、FRBが緩和解除の方向にシフトしたとしても、慎重に量的緩和を終わらせようとすることから、ドル買い材料にはならないという。

 ユーロドルの200日線が1.20ドルちょうど付近に来ており、目先の戻りメドとして意識される。

 ポンドドルも買い戻しが優勢となり、1.3965ドル付近まで戻した。ロンドン時間には1.3860ドル近辺まで下落していた。本日の100日線が1.3945ドル付近に来ているが、その水準を上抜いており、明日以降の動きが注目される。

 今週は英中銀金融政策委員会(MPC)が予定されているが、英中銀は緩和策の終了が近いとみられている。ただ、出口戦略において、その方法には見方が分かれているようだ。

 英中銀は利上げの前に量的緩和を縮小を優先する可能性が十分にあるとの指摘が出ている。さらに、それは市場の予想よりも遅れる可能性もあるという。英消費者物価指数(CPI)が2023年後半まで、2%目標の上で安定しないと予想しており、恐らく2024年でさえ、金融政策が市場の予想よりも遅れて引き締められると見ているようだ。それは、英国債のイールドカーブのフラット化ではなくスティープ化を伴うという

 一方、逆に英中銀は来年の5月に政策金利を0.15%引き上げて0.25%とし、その後に量的緩和縮小を開始との見方も少なくない。なお、今週のMPCで政策は据え置くものの、刺激策解除に関するレトリックは強化するという。インフレと成長のデータは英中銀の予想を上回っており、封鎖措置緩和の最終段階の遅れは、英中銀の見解に僅かな影響しか及ぼさないと指摘している。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

SBIFXトレード 39

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.79 銭(原則固定・例外あり)

外為どっとコム 39

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.6 銭(原則固定・例外あり)

ヒロセ通商 35

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4〜0.6 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 1.0 銭(原則固定・例外あり)

※スプレッド調査日:8月24日
外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年9月4日午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

FX口座 スプレッド比較

トライオートFX 40

ドル円 9
豪ドル円 1
トルコリラ円 52

LIGHTFX 38

ドル円 5
豪ドル円 0
トルコリラ円 43

ヒロセ通商 36

ドル円 2
豪ドル円 1
トルコリラ円 43
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標