【本日の見通し】ドル安基調継続もISMなどに警戒感、豪中銀は現状維持見込み

為替 

【本日の見通し】ドル安基調継続もISMなどに警戒感、豪中銀は現状維持見込み

 昨日の海外市場でドル円は104円40銭前後まで買い戻しが入る展開となった。
先週末のドル安基調が週明けの市場で強まり、東京午前に一時103円80銭台まで値を落としたが、
ロンドン市場で104円台前半まで買い戻しが入る展開に。
その後の振幅を経て再び104円台を付け、上値を伸ばすなどドル安の流れが一服。
NY市場昼前に節目となる1.20超えを付けたものの、その後一気に利益確定売りが入り
1.19台前半までユーロ売りドル買いが進んだことで、ドル全般に買い戻しの動きが強まった面も。

 今日も基調としてはドル安傾向。
ドル円は戻り売りの意識もありそう。
ただ今晩0時のISM製造業景気指数及びその15分前のPMI製造業確報値が意識され突っ込んだ売りには警戒感。
11月23日に発表されたPMI製造業速報値の好結果がドルの買い戻しを誘ったことから
ISMも予想を超える好結果が出るようだとドル買いの動きも。
このところリスク選好の動きはドル売りにつながっているが、PMI後の動きが珍しくドル買いだっただけに
市場も慎重に結果を見極めたいところ。

 本日予定されている豪中銀金融政策理事会結果発表は
前回0.15%の利下げと5-10年物国債買い入れを発表したこともあり
今回は現状維持見込み。声明などで今後の姿勢を確認する程度か。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC