新興国通貨全般に堅調、南アランド、メキシコペソなどに買いが入る。リラ安は継続=東京為替

為替 

 ドルランドが16.53前後での推移、ドルメキシコペソが21.32前後での推移となるなど、新興国通貨は全般に堅調。新興国株の代表的インデックスであるMSCI新興国インデックスが4連騰となるなど、リスク選好の動きが広がっていることが背景にある。
 一方、他の新興国通貨とは別の動きを見せるのがトルコリラ。アルメニアとアゼルバイジャンの軍事衝突が継続する中で、アゼルバイジャンの友好国であり、アルメニアとは過去に大きな衝突を行った隣国であるトルコへの影響が懸念されている。公式には認められていないがアルメニアはトルコ軍機がアゼルバイジャン支援で参戦と主張している。こうした状況がリラ売りを誘っており、ドルリラは7.9576ときょう午前に史上最高値(リラの対ドル史上最安値)を更新する動きを見せている。

USDTRY 7.9375

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 4
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC