メキシコペソ 円 MXNJPY

メキシコペソ/円

チャート

移動平均線520120

高機能チャートで見る

メキシコペソ/円 関連ニュース

FX会社比較 - スプレッドとスワップポイント

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック
セントラル短資FXロゴ 0.2pips 61 -151 1,000通貨 最大505,000
外為どっとコムロゴ 0.2pips 60 -160 1,000通貨 最大106,000
SBIFXトレードロゴ 0.2pips 40 -70 1通貨 最大55,000
マネーパートナーズロゴ 0.2pips 30 -267 100通貨 最大50,000
DMMFXロゴ 0.3pips 90 -120 10,000通貨 最大204,000
一覧を見る

※スプレッド調査日:2021年4月12日 ※スワップ調査日:2021年4月19日
※スワップは過去14日間の平均値を掲載しています。※スワップは1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の金額を掲載しています。※表示しているスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。
※外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年5月29日午前1時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「16時〜25時の間」となりますのでご注意ください。
※GMOクリック証券のトルコリラ円のスプレッドは原則固定対象外になっているのでご注意ください。

メキシコペソ/円に関連する経済指標

発表 指標名 重要度 前回変動幅
15:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

4.9pips

21:30 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-20.6pips

05/14 21:30 Star fillStar fillStar fillStar fillStar fill

1.0pips

05/14 22:15 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-2.0pips

05/14 23:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-6.9pips

全ての経済指標の予定をみる

※ 前回変動幅… 指標発表から10分間の米ドル/円変動幅

メキシコペソの基本情報

特徴

テンガロンハットにテキーラのようなイメージのあるメキシコだが、近年工業化が急速に進んでおり、自動車・機械・電子機器などが主要産業。輸出シェアをみると、機械・電子機器が36.92%でトップ、自動車・船舶・航空及び同部品が24.72%で2位と、工業製品が約6割を占めている。一方、石油・天然ガスが4.83%と新興国の中では天然資源の占める割合がそれほど高くない。輸出の80%以上が米国向けで、米国の景気動向がペソ相場に大きな影響を与える。
金利は比較的高く、リーマンショック前には8.25%を付けていた。その後3%まで低下したが、米国が利上げに踏み切った2015年12月以降、通貨流出防止もあって利上げサイクルに入り、2018年6月までの13回の利上げを実施、7.75%まで金利が上昇している。

取引のポイント

トランプ政権樹立以降緊張感が高まる米国との関係が重要なポイントとなる、米国に完全に依存した経済構造となっており、対立が強まるとメキシコ経済へのダメージが大きい。また、隣国ということもあり、資金が米国へ逃避しやすい面もある。一方で、ある程度米国との関係が落ち着けば、高金利を狙った取引が増えると期待される

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標