リスク選好ムード継続も、調整交じりで揉み合う=ロンドン為替概況

今日の為替 

リスク選好ムード継続も、調整交じりで揉み合う=ロンドン為替概況

 6日のロンドン市場は、円安・ドル安の動きが一服。欧州株や米株先物が堅調に推移しているものの、香港・上海株の大幅上昇を受けてすでに東京市場から円安・ドル安が進行していたことから、ロンドン時間には調整、利益確保の動きが交錯している。ただ、リスク選好ムードは継続しており、調整は限定的。三連休明けのNY勢の参加待ちとなっている。ドル円は107円台後半から半ばへと反落。ユーロ円は121円台後半まで買われたあとは一時121円台前半まで反落も、足元では121円半ばでもみ合っている。ユーロドルは1.13台乗せまで買われた後の下げは1.1280台までと調整は限定的。ポンドドルは1.25台乗せから1.24台後半へ、ポンド円は134円台後半から前半へと下げており、上昇一服。この日発表された6月英独建設業PMIはいずれも改善を示した。5月独製造業受注は予想ほどではなかったが、前回からは回復している。豪ドルは反落の動きがやや大きめ。メルボルンでの感染急増を受けて、ビクトリア州はニューサウスウェールズ州との州境の閉鎖を発表した。豪ドル/ドルは0.70手前から0.69台半ばへ、豪ドル円は75円台乗せから74円台後半へと押し戻されている。

 ドル円は107円台半ばでの取引。東京午前に107.77レベルまで買われたあとは、上値が重くなった。ロンドン序盤には107.70近辺から107.50台まで反落。その後はもみ合いが続いている。欧州株や米株先物は堅調に推移しているが、反応薄。三連休明けのNY勢の参加待ちとなっている。

 ユーロドルは1.13近辺での取引。東京市場での上昇を受けて、ロンドン朝方には1.1303レベルまで高値を伸ばした。その後は、欧州株や米株先物の上昇にも調整売りが入り1.1280近辺まで反落した。ただ、足元では再び上値を試している。ユーロ円も朝方に121.65レベルまで買われたあと、一時121.30台まで反落した。その後は121円台半ばへと持ち直している。5月独製造業受注は予想ほどではなかったが、前回からは回復、6月独建設業PMIも改善を示した。ただ、ユーロ圏投資家信頼感の回復は予想ほどではなかった。

 ポンドドルは1.25近辺での取引。東京市場での上昇を受けて、ロンドン朝方には1.2510レベルまで買われた。その後は反落の動きが入り、1.2470台まで下落。しかし、下値も堅く1.25近辺へと再び上昇している。ポンド円は朝方につけた134.68レベルを高値にロンドン序盤には134.20台まで反落した。その後は134円台前半でもみ合っている。欧州株や米株先物は健康に推移しており、リスク選好ムードは維持している。6月英建設業PMIは大幅に改善したが目立った反応は見られず。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 3
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 5
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標