アジア株 香港株は小反落、利益確定売りに押される 不動産業界の経営難に対する懸念も 佳兆業集団は売買停止

株式 

アジア株 香港株は小反落、利益確定売りに押される 不動産業界の経営難に対する懸念も 佳兆業集団は売買停止

東京時間10:55現在
香港ハンセン指数   23958.44(-25.22 -0.11%)
中国上海総合指数  3593.33(-1.76 -0.05%)
台湾加権指数     17950.68(+153.76 +0.86%)
韓国総合株価指数  3022.47(+30.75 +1.03%)
豪ASX200指数    7385.50(+71.60 +0.98%)

アジア株はまちまち。
台湾や豪州株は上昇、前日の米株高を好感して買い優勢で始まった。世界各地でオミクロン株が確認されているが、症状は比較的軽いとの見方から警戒感が後退している。

韓国株は1.03%高、エネルギーやヘルスケア、消費者サービス関連が上昇している。韓国で新たに7175人の新型コロナ感染者が確認された。初めて7000人台を突破、重症者数も840人と最多を記録した。ただ、株式市場への影響は限定的。

香港株は小反落、前日に大幅上昇したことから利益確定の売りに押されている。不動産業界の経営難に対する警戒感が高まっており、九龍倉置業地産投資や華潤置地など不動産関連を中心に金融株が下落している。不動産開発大手の中国恒大集団は6日期限の米ドル建て社債の利払いがまだ実施されておらず、デフォルトに陥る可能性が高まってきている。8249万ドルの利払いを11月6日期限までに支払う必要があったが実施できず、30日間の猶予期間に入っていた。同社は先週末、今後の債務返済を履行できない可能性があると明かしていた。中国恒大集団は1.3%安と続落、上場来安値をつけている。同じく経営難に陥っている佳兆業集団は本日、売買停止となった。理由は明らかにしてない。上海市場でも不動産株が総じて下落している。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年2月5日(午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標