オミクロン警戒に朝方はドル安も、その後値を戻す=東京為替概況

今日の為替 

オミクロン警戒に朝方はドル安も、その後値を戻す=東京為替概況

 前日の海外市場でオミクロン株警戒もあり一時112円70銭前後まで値を落としたドル円。その後113円台前半に値を戻し、東京朝は113円10銭前後でスタート。今晩の米雇用統計に対する期待感から、ドル売りに対する調整が入る展開で、いったん113円20銭台を付けるなどの動きが見られたが、米NY州で初めてオミクロン株の感染者が確認されたとの報道がドル売りを誘い、ドル円は113円割れの場面も。112円90銭台まで下落後、113円20銭台を回復も、ロスアンゼルス群やハワイ州でも感染が確認されて再び値を落とすなど、午前中はオミクロン株警戒でやや神経質な動き。

 午後に入ると若干ドル買い円売りが優勢に。目立った新規材料が出たわけではなく、今晩の米雇用統計に対する期待感などがドル売りポジションの調整を誘う展開に。もっとも113円20銭台までの上昇にとどまるなど、上値も重く、様子見ムード。

 昨日の海外市場で1.1350手前から1.13割れとなったユーロドルは、1.13を挟んでのもみ合い。1.1291前後までとNY午後の安値を下回る動きも、大きな方向性にはつながらず、雇用統計待ちに。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年2月5日(午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標