ドル円は110円台に戻す FOMCはバランスを取った内容か=NY為替

為替 

 きょうのドル円は下げ渋る動きが出ており110円台に戻している。本日110.35円付近に来ている21日線は下回っているものの、109.60円付近に来ている100日線はサポートされており、午後のFOMCの結果待ちの状況。

 FOMCについては、資産購入ペース縮小に関しての活発な議論が予想されるものの、米国でもデルタ株の感染が再拡大している中で、FRBが更にタカ派よりにスタンスを傾斜することはないものとみられている。

 資産購入ペース縮小について一部では、8月のFRBのシンポジウムで示唆したうえで、9月下旬のFOMCで、年末か来年初めの開始を打ち出してくるとの見方が出ている。ただ、それについては現行の感染再拡大の影響次第の面も大きい。

 また、米国債よりも不動産担保証券(MBS)の購入縮小からの開始なども議論されるものとみられ、その意味ではパウエルFRB議長の会見が注目されるが、いすれにしろ、今回もタカ派とハト派との間のバランスを取ってくるものとみられている。

 一部からは、今回のFOMCを受けて直近のドル高の強さは薄れる可能性も指摘されている。最近のインフレ急上昇はFRBにとっては厄介であるが、感染再拡大が景気回復を妨げる恐れがあり、さらに労働市場については、雇用最大化というFRBの目標に遠く及んでいないことから、FRBは中立性を維持し、それがドル高を抑制する可能性があるという。

 ただ、発表直後の反応としては、控えめな反応を示し、狭い範囲に収束する可能性も留意される。

USD/JPY 110.18 EUR/JPY 129.96
GBP/JPY 152.81 AUD/JPY 80.76

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC