後半は一服もドル買い戻し続く 過熱感からのポジション調整か=NY為替概況

今日の為替 

 きょうもNY為替市場はドル買いが優勢となり、ドル円は買い戻しが続いた。東京時間に実需買いから一旦106.40円付近まで上昇したものの、その後は戻り売りに押され、105.60円近辺まで押し戻されていた。しかし、NY時間に入って再び買い戻しが強まり、東京時間の高値付近まで上昇する場面も見られた。ただ、後半にはその動きも一服している。

 先週末に米商品先物協会(CFTC)が発表したIMM投機筋の建玉報告から算出した金額ベースのドルの売り越しは242.7億ドルと2011年8月以来の水準まで増加している。感染第2波が依然として収束を見せず、夏休みシーズン入りということもあり、週末の米雇用統計を前にポジション調整が一斉に入っている可能性もありそうだ。

 先月はドルインデックスが4%下落するなどドル安に過熱感も見られていたことから、あくまで短期的な調整と見ている向きが多い。ドル円についても、流れが変化したとの見方も少ない中で、106.50円水準から上の抵抗も強いようだ。

 米追加支援策も先週失効した失業給付の上乗せ措置で共和党と民主党の対立が続いており成立はなお難航している。共和党は国民の労働意欲が落ちるとして週200ドルの上乗せへの縮小を主張しているが、民主党は従来通りの週600ドルを求めている。一方、1200ドルの再給付については一致しているようだ。

 21日線が106.60円付近に来ており、目先の上値メドとして意識される。

 ユーロドルは戻り売りが続き、一時1.16ドル台に下落。ただ、下値での押し目買いも入り、1.17ドル台半ばに戻す展開。ユーロ強気派にとっては下がったところは絶好の買い場として、買いを推奨する向きもいる。ただ、本日の21日線が1.15ドル台前半にあり、調整という点だけから言えば、まだ下値余地はありそうだ。

 このところのユーロ高が欧州株のパフォーマンスに影響しているとの指摘も聞かれる。5月中旬以降、ユーロも上昇しているが、欧州株も上昇していた。ユーロ建で見た場合、最初は米国株よりパフォーマンスが上回っていたが、ここ数日は米国株のほうがパフォーマンスが良いという。ユーロ高が欧州の資産価格に悪影響を及ぼし始めている可能性も指摘していた。ユーロドルで1.20ドルを超えるようであれば、ECBも看過しないとの見方も出ている。

 後半になってポンドドルは下げ渋ったものの、きょうは1.30ドルを試す動きが見られるなど調整の動きが続いた。1.30ドル付近では強気派の買いオーダーも並んでいるようだ。ただ、割り込むとフィボナッチ50%戻しの水準が控える1.28ドル台半ばまでの下落も視野に入りそうな気配ではある。

 今週は6日に英中銀金融政策委員会(MPC)が予定されており、今回は政策変更はないことが確実視されているが、経済見通しも発表され注目度は高い。市場ではマイナス金利の動向が意識されているが、もし、マイナス金利が導入された場合、ポンドはネガティブな反応が予想されるとの声も聞かれる。英国は経常赤字国であることから、日本やスイスにような経常黒字国のような反応はしないという。また、英国と米国の金利差もポンドにとってはネガティブとの見方も出ている。

 なお、この日発表になった7月のISM製造業景気指数は54.2と予想を上回る好結果だった。生産と受注が大幅に伸びており、米製造業のモメンタムに復調の兆しが示されている。ただ、為替市場は小幅な反応に留まった。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 4
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 5
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標