【本日の見通し】ECB理事会にらむ、焦点は量的緩和の再開及び規模 トルコ中銀は大幅利下げへ

為替 

【本日の見通し】ECB理事会にらむ、焦点は量的緩和の再開及び規模 トルコ中銀は大幅利下げへ

 ドル円は昨日動揺にしっかりの展開が見込まれるところ。基本的には来週のFOMC待ちの中、米中関係の改善期待が押し上げ材料となり、基調はしっかりとなりそう。107円台後半での推移を中心に上を目指す可能性も意識したい。

 今日の注目はユーロ圏とトルコの中銀金融政策理事会。

 ECBは3つの政策金利のうち、中銀預金金利の引き下げをすでに市場は織り込み済み。
現状の-0.4%を-0.5%にという見方が一般的も
それ以上下げてくる可能性も一部で指摘されている。
主要政策金利、限界ファシリティ金利は据え置き。

 ECBの場合、注目は量的緩和、ブラックアウト期間前のドラギ総裁は実施に前向きに見えるが
加盟各国からは慎重論も。市場の見方も分かれている。
もともと期待されていた月間500億ユーロでの債券買い入れを行うか、300億程度に収めるか、そもそも今後に向けて今回は可能性を示唆にとどめるか。
実施を見送った場合はユーロ買いが強まる可能性が高い。

 トルコ中銀は前回7月の4.25%の大幅利下げに続いて、大幅な利下げ実施が見込まれる。2.75%の引き下げで17.00%にという見通しがもっとも大勢となっているが
かなり見方が分かれている。前回と同じ程度の大きな利下げ幅を見込む動きも。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC