ドル円は107.20円付近まで上昇 予想上回るISM指数と米中協議再開に安心感=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場、ドル円はNY時間に入って買い戻しが加速し107円台を回復。一時107.20円付近まで上昇する場面も見られた。

 この日発表になった8月のISM非製造業景気指数が予想を上回ったことでドル買いが加速し、ドル円も107円台に上昇している。先日発表の製造業が景気判断の分岐点である50を割り込んだことで市場は景気後退への懸念を強めていたが、今回のサービス業の数字は安心感を呼び込んだようだ。

 きょうも市場は楽観的な雰囲気が広がっており、米株も大幅に上昇する中、ドル円の買い戻しが続いている。ライトハイザーUSTR代表とムニューシン長官が中国の劉副首相と電話会議をし、数週間以内にワシントンで閣僚級会合を開くことを明らかにした。停滞していた米中協議が再開することで期待感を高めている模様。

 ドル円はここ数日強い上値抵抗となっていた106.40円水準を突破し、ロンドン時間に伸び悩む場面が見られたものの、今度はその106.40円がサポートするなど下値を切り上げる動きを続けている。107円台に入るとさすがに利益確定売りが出たのの、リバウンドの流れは続いている。

 米中協議に関して市場は長丁場になると見ている向きが依然として多く、今回も最終的な合意には至らないと見られているものの、協議が再開されたことで、ひとまず好感しているものと思われる。

 ユーロドルはNY時間に入って伸び悩む動きが見られたものの、1.10ドル台は堅持しており買い戻しの流れは続いている。きょうは1.1085ドル付近まで上昇する場面も見られた。21日線が1.1095ドル付近に来ており、目先の上値メドとして意識される。

 来週のECB理事会に注目が集まっている。市場は中銀預金のマイナス金利の深掘りを決めると予想しており、ドイツ経済が不調を示す中で、債券購入再開も期待されているようだ。しかし、ECB理事の間では、利下げでは一致しているものの、債券購入再開には温度差があるようだ。現在のユーロの買い戻しは、その辺を事前に察知した動きなのかもしれない。

 利下げについては0.1%か0.2%かは未知数だが、0.2%の場合は金利階層化の可能性もあるとの見方も出ている。

 ポンドドルも買い戻しが優勢となり1.23ドル台まで買い戻されている。前日の英議会で合意なき離脱を阻止するための法案が可決成立しており、合意なき離脱への懸念が後退していることが引き続き支援している模様。ジョンソン首相が提出した早期解散総選挙の動議は議会が否決したが、首相は再提案する意向のようだ。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標