ポンドの上値追いには慎重になるべきとの声も 合意なき離脱の可能性が無くなったわけではない=NY為替

 きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となっていることもあって、ポンドドルは1.33ドルちょうど付近まで上昇する場面も見られている。今週、英議会で「合意なき離脱」を否決したことや、「離脱期限延長のEUへの要請」も可決されたことで安心感が出ている。

 ただ、一部からはポンドの上値追いには慎重になるべきとの指摘も聞かれる。市場が楽観的になっている分、ネガティブ・サプライズにも弱くなっているという。

 メイ首相は来週、自身の離脱案を3度目の正直で再度議会に提示する。もし、可決された場合は6月30日までの延長を経て離脱というシナリオが高まるが、否決された場合は、EUが設定する条件での長期の離脱延期になる可能性もある。今度は議会が主導権を握りその場合、総選挙や2回目の国民投票の可能性も浮上。

 そのような中で、EU側の対応次第では「合意なき離脱」の可能性が全く無くなったわけではない。最もその可能性は低いとは思われるが。

GBP/USD 1.3284 GBP/JPY 148.09 EUR/GBP 0.8523

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX!(ワイジェイFX) 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 36
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 45
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC