広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ドル円、2回売りが強まり2回とも直ぐに戻す 状況に変化なし=NY為替概況

今日の為替 

ドル円、2回売りが強まり2回とも直ぐに戻す 状況に変化なし=NY為替概況

 きょうのドル円はNY時間に入って2回売りが強まり、154.60円近辺まで値を落としたものの、いずれも売りが一巡すると買い戻しが出て154円台後半の元の位置に戻す展開が見られた。1回目は4月調査の米PMIは製造業、非製造業とも予想を下回る内容となったことでドル売りが強まった。

 特に製造業は49.9と判断基準の50を下回っていた。雇用指数は48となり、これはサービス業の雇用減少と製造業の伸び鈍化を反映。一方、物価指数は10カ月ぶりの高水準から後退し、米経済活動が第2四半期に入って勢いを失った可能性が示されている。そして2回目はこの日の2年債入札を受けて米国債利回りが下げ幅を拡大したことで、ドル円は売りに押されたが、直ぐに戻している。

 基本的な状況に変化はなく、財務省の介入警戒感から155円台には慎重な一方、下がればすぐに押し目いが入る状況。

 一方、今週は第1四半期の米GDP速報値と3月のPCEデフレータが発表され、市場は動向を注目している。米GDPは25日木曜日、PCEデフレータは26日金曜日に発表される。3月PCEデフレータは市場のFRBへの期待に大きな変化をもたらすとは考えていないとの見方も一部から出ている。むしろ、木曜日の米GDP速報値の方がサプライズをもたらす可能性が高いという。もし、予想を上回る内容であれば、利下げ期待を現段階からさらに後退させる可能性もありそうだ。

 ユーロドルは1.07ドル台を回復。1.0710ドル付近にフォボナッチ38.2%戻しの水準があり、この水準を上抜けるようであれば、50%戻しの1.0745ドル付近が次の戻りターゲットとして意識される。

 この日は4月調査分のユーロ圏PMIが発表になり、サービス業が予想を上回っていた。ユーロドルも買いの反応が見られていたが、第2四半期に入りユーロ圏経済はようやく成長軌道に戻りつつあることが示されている。牽引役となっているのはサービス部門で、ユーロ圏経済は引き続きサービス部門のインフレ圧力に直面しているが、このことがECBの6月利下げ開始を妨げることはないとの見方が圧倒的なようだ。

 ポンドドルも1.24ドル台半ばに買い戻しが強まった。きょうは4月調査分の英PMIも発表され、英企業のセンチメントが予想以上に改善していることが示された。英経済が勢いを回復し、物価上昇がさらに緩和すれば、英経済は軟着陸の可能性を示唆しているとの見方も出ている。英PMIはサービス業、製造業ともに好調だった。

 英PMIの上昇は第2四半期に入り英経済が再び拡大し、昨年のテクニカル的なリセッション(景気後退)から脱却していることを示唆している。ただ、英中銀の利下げの見方を変えるほどではないとも考えられているようだ。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

関連タグ

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます