広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

FX/為替「ドル/円、米指標に一喜一憂 米3連休前のPPIに注目」 外為どっとコム トゥデイ 2024年2月16日号

マネ育チャンネル 

外為どっとコム トゥデイ

主要通貨ペア(ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円)について前営業日の値動きをわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

作成日時 :2024年2月16日8時30分
執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼15日(木)の為替相場
(1):本邦GDP 2期連続のマイナス成長
(2):軟調な豪雇用統計
(3):英財務相「英経済は曲がり角に差し掛かっている」
(4):ECB総裁「性急な決断は避けたい」
(5):米小売売上高予想を下回る

▼15日(木)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報/ ▼本日の見通し/ ▼ドル/円の見通し:一方向への動きは限られそう/ ▼注目の経済指標/ ▼注目のイベント

15日(木)の為替相場


期間:15日(木)午前7時10分~16日(金)午前6時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):本邦GDP 2期連続のマイナス成長

日本10-12月期国内総生産(GDP)・速報値は前期比年率-0.4%と予想(+1.1%)に反して2四半期連続のマイナス成長となった。物価の上昇などを背景に個人消費が冴えなかった。なお、2023年通年の名目GDPはドル換算で4兆2106億ドルとなり、ドイツ(4兆4561億ドル)に抜かれて世界第4位に後退した。

(2):軟調な豪雇用統計

豪1月雇用統計で、新規雇用者数は0.05万人増にとどまり、市場予想(2.50万人増)を大きく下回った。失業率は4.1%と前月(3.9%)から上昇。市場予想(4.0%)以上に悪化した。労働参加率も66.8%と前月から横ばいで市場予想(66.9%)に届かなかった。軟調な雇用統計を受けて豪中銀(RBA)の利下げ開始が速まるとの観測が広がり豪ドルが下落した。

(3):英財務相「英経済は曲がり角に差し掛かっている」

英10-12月期GDP・速報値は前期比-0.3%と予想(-0.1%)を下回り、7-9月期(-0.1%)に続きマイナス成長となった。英12月鉱工業生産は前月比+0.6%と予想(-0.1%)に反して上昇。英12月貿易収支は139.89億ポンドの赤字と、赤字額は市場予想(149.00億ポンド)より少なかった。なお、ハント英財務相はGDPの結果を受けて「英国経済は曲がり角に差し掛かっている兆しがある」と指摘した。

(4):ECB総裁「性急な決断は避けたい」

欧州中銀(ECB)のラガルド総裁は「2024年を通じて、ディスインフレが緩やかに続く見通し」としながらも 「インフレを左右する要因として、賃金の重要性が増している」「インフレが2%に向かいつつあることを示す追加データが必要」などとして「ECBは性急な決断は避けたい」と述べた。

(5):米小売売上高予想を下回る

米1月小売売上高は前月比-0.8%と市場予想(-0.2%)以上の落ち込みとなった。自動車を除いた売上高も前月比-0.6%と予想(+0.2%)に反して減少。GDPの算出に用いられるコア小売売上高(自動車・ガソリン・建材・外食を除く)も-0.4%と予想外の減少となった(予想+0.2%)。一方、米新規失業保険申請件数は21.2万件と市場予想(22.0万件)より少なく、前週(22.0万件)から減少した。米2月NY連銀製造業景気指数は-2.4(予想-12.5、前回-43.7)、米2月フィラデルフィア連銀景況指数は+5.2(予想-8.1、前回-10.6)だった。その後に発表された米1月鉱工業生産は前月比-0.1%と市場予想(+0.2%)を下回った。米経済指標のマチマチの結果を受けてドルは乱高下。最も注目度が高かった小売売上高の悪化で149.50円台に急落する場面もあったが、その後はやや持ち直した。

15日(木)の株・債券・商品市場

ドル/円 外為注文情報(FX板情報・オーダー状況)

<外為注文情報はこちら>

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

 

人気通貨ペア 本日の予想レンジ

ドル/円の見通し:一方向への動きは限られそう

昨日のドル/円は149円台へと続落。米1月小売売上高が予想以上に低下したことで149.53円前後まで下落する場面もあった。米新規失業保険申請件数が予想より減少したため一時150円台に持ち直したが、米長期金利が小幅に低下する中で買い戻しは続かなかった。今週は13日の米1月消費者物価指数(CPI)を受けて早期利下げ観測が大きく後退したが、昨日の小売売上高で再び利下げ期待が浮上するなど、市場は米経済指標の結果に一喜一憂。
本日のNY市場で発表される米1月生産者物価指数(PPI)にも米長期金利とドルは敏感に反応しそうだ。ただ、来週19日は米国がプレジデンツデーの祝日となることからNY市場終盤は3連休前の持ち高調整が入りやすい。米長期金利もドルも一方向への動きは限られそうだ。ドル/円は150円台半ばでは戻り売りが出やすい半面、149円台前半では買戻しが入るだろう。

注目の経済指標:米生産者物価指数

注目のイベント:FRB高官発言

※時間は日本時間での表示になります。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は注目度が高い順に「◎」「○」「無印」で表示しております。
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

 
kanda.jpg株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、経済番組専門放送局の日経CNBC「朝エクスプレス」や、ストックボイスTV「東京マーケットワイド」、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。WEB・新聞・雑誌等にコメントを発信。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

マネ育チャンネル:外為どっとコム

関連タグ

執筆者 マネ育チャンネル

執筆者 : マネ育チャンネル|外為どっとコム

マネーを育てよう!をテーマに、外為どっとコム総合研究所に所属する研究員が執筆するオリジナルレポートのほか豪華講師陣の貴重なFXレポート、個人投資家や著名投資家のインタビュー記事など、バラエティ豊かな情報を配信しています。為替トレンドに合わせた特集記事やFX初心者でも安心の学習コンテンツを用意しており、個人投資家の取引技能の向上に寄与すべく活動しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます