ドル高が続く 堅調な米経済指標でFRBの政策転換期待が後退=NY為替

為替 

 きょうの為替市場はNY時間に入って、再びドル買いが出ており、ドル円も買戻しの動きが出ている。ロンドン時間にはドル売りが優勢となり、ドル円も瞬間的に135円台に下落する場面も見られた。ただ、NY時間に入って、米株が続落して始まっていることもあり、為替市場ではリスク回避のドル買いが出ている模様。ドル円も136.70円付近まで戻す展開となっている。

 先週の米雇用統計のほか、今週に入って発表になっているISM指数などの米経済指標で予想を上回る内容が相次ぎ、それがFRBが積極利上げ姿勢転換への期待を後退させていることが背景との指摘も出ている。

 好調な米経済指標の発表が想定以上に長く続き、底堅い米経済の状態が長く示されるほど、米国が来年に景気後退に直面するのか、FRBがどの段階で利下げに転じるのかを判断しにくくなるという。

 過去数週間、明確な下落基調にあったドルは今後数週間で安定する可能性があるとも指摘している。

USD/JPY 136.73 EUR/JPY 143.40
GBP/JPY 166.20 AUD/JPY 91.49

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 67
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 70
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 22
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 77
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標