通貨オプション ボラティリティー  ドル円1週間が16%と高水準、急速な値動きがヘッジ需要喚起

為替 

通貨オプション ボラティリティー  ドル円1週間が16%と高水準、急速な値動きがヘッジ需要喚起
 USD/JPY EUR/USD EUR/JPY GBP/USD
1WK 16.00 12.22 12.71 13.59
1MO 14.05 11.04 11.86 12.32
3MO 12.68 10.05 11.79 11.65
6MO 11.82 9.48 11.58 11.29
9MO 11.18 9.17 11.34 11.14
1YR 10.83 9.03 11.25 11.06

                   
 GBP/JPY AUD/USD USD/CHF
1WK 13.25 15.98 10.78
1MO 12.67 14.11 9.93
3MO 12.64 13.43 9.15
6MO 12.68 12.99 8.85
9MO 12.55 12.73 8.71
1YR 12.56 12.60 8.63
東京時間16:45現在 参考値

 ロンドン序盤に向けて、円高が進行している。そのなかで、ドル円1週間ボラティリティーは16%と高水準で推移している。今週は140円手前から134円台へと急速なドル安・円高の動きとなっており、短期的なドルプット・円コール需要が喚起されている。豪ドル/ドル1週間ボラティリティーと並ぶ高い水準となっている。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 67
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 70
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 22
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 77
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標