次第にドル買い優勢に ドル円は145円をうかがう展開 明日は米雇用統計=NY為替

為替 

 きょうの市場はNY時間に入ってリスク回避の雰囲気が広がっており、株安、米国債利回り上昇の中でドルは買い戻しが優勢となっている。ドル円も144円台後半と再び145円をうかがう展開となっている。

 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁の講演が伝わっていたが、「政策スタンス変更のハードルは非常に高い」と述べていた。今週も複数のFOMC委員の発言が伝わっていたが、いずれもタカ派姿勢を堅持していることを強調し、市場で観測が出ている、来年の利下げ期待も否定している。

 今週前半に発表になった米経済指標が弱い内容だったことで、FRBのタカ派姿勢がいずれ緩むのではとの期待から、ドルは戻り売りが活発に出ていたが、明日の米雇用統計を前にリスク回避のドル買いが再び広がりつつある。

 ドルは週前半の下落から回復しており、特に明日の米雇用統計の発表前後にかけて、さらに回復する可能性もあるとの指摘も出ている。市場が期待しているドル下落トレンドは維持できなくなりつつあり、市場はFRBの利上げペース鈍化に大きく意識を傾ける準備がまだできていないという。また、米雇用統計はドルを一段と引き上げる可能性があるとも指摘している。

 現段階で非農業部門雇用者数(NFP)が25万人増、失業率は3.7%と低水準が見込まれている。予想通りであれば、FRBのタカ派姿勢を正当化する内容と思われるが、米雇用統計ばかりは予想が当たらない指標としても有名。

USD/JPY 144.89 EUR/JPY 142.52
GBP/JPY 162.17 AUD/JPY 93.09

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標