ドル円は弱含み、一時133円割れに沈んだあと下げ渋る=東京為替前場概況

為替 

 東京午前のドル円は弱含み。序盤に材料らしい材料が見当たらないなか、ポジション調整とみられる売りに押され、一時133円割れに沈み、132.92円付近まで下落
する場面があったが、その後は米10年債利回りの上昇などを背景に下げ渋っている。
 
 オセアニア通貨が軟調。7月の中国鉱工業生産や7月の中国小売売上高が予想を下回ったことを受け、経済的に結びつきの強いオセアニア通貨が売られ、豪ドル/ドルは
0.7095ドル付近まで、NZドル/ドルは0.6426ドル付近まで一時軟化した。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標