このあと4月の米中古住宅販売件数=NY為替

為替 

 きょうも市場はリスク回避の雰囲気が強まっており、ドル円は戻り売りが強まっている。127円前半まで一時下落しており、先週安値の127.50円付近を下回る動きが見られている。本日は円高というよりもドル売りの動きがドル円を圧迫している。

 このあと日本時間23時に4月の米中古住宅販売件数が発表される。予想では年率換算で567万件と3カ月連続での減少が見込まれている。インフレとFRBの積極利上げの中で住宅ローン金利が急上昇しており、前回3月分は2020年6月以来の低水準となっていた。

 その後も30年物住宅ローン金利は5%超に上昇し、住宅の値ごろ感も低下していることから、今回も米住宅市場のピークアウトを示す内容になるものと予想されている。

 関連指標の契約時点のデータである米中古仮契約件数も5カ月連続で低下していた。

米中古住宅販売件数(4月)19日23:00
予想 567万件 前回 577万件

USD/JPY 127.44 EUR/USD 1.0550 GBP/USD 1.2475

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標