ドル円は下げ渋るも上値重い ポンドが急上昇 英財務相の突然の辞任で逆に思惑高まる=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場でドル円は下げ渋ったものの、上値は重い展開が見られた。中国のコロナウイルス感染について前日は、感染者数は増えているものの、増え方が鈍化しており、ピークが近づいているとの期待が出ていた。米株も最高値更新し、ドル円も110円台を回復していた。しかし、中国当局が確認基準を変更し今度は、感染者数が12日に1万4840人増と急増したことを明らかにし、きのうの楽観ムードは一気に冷めている。また、FOXニュースが、「中国当局はコロナウイルス感染を少なくとも10万人過少報告している」と伝えたこともドル円を押し下げた。

 ドル円は109.65円近辺まで下落していたが、米株が下げ渋ったことで、ドル円も下げ渋っている。中国当局が症例を過少報告しているというリスクは、以前から意識されていたこともあり、ニュースの割には下押しする動きも限定的な印象もある。ドル円は今年に入って、110円台乗せに2度失敗しており、早期に戻せるか注目される。21日線が109.55円付近に来ており、目先の下値サポートとして意識。

 きょうもユーロドルは下値模索が続き、一時1.0835ドル付近まで下落し、2017年以来の安値水準を更新。中国と伴にユーロ圏経済への懸念にもつながっており、ユーロを圧迫しているようだ。中国との結びつきと言えばドイツだが、一部からは明日のドイツGDP速報値の発表に警戒感も示されている。前期比0.1%のプラス成長が見込まれているが、マイナス成長に陥る可能性も指摘。

 きょうはポンドが急上昇しており、ポンドドルは1.30ドル台を一気に回復。ジャビド財務相の突然の辞任が思惑を呼んでいるようだ。ジョンソン首相がジャビド財務相に最側近の解雇を要求した。ただ、同財務相はそれに反発して辞任選んだ格好。後任にはスナック氏が指名されている。

 辞任が伝わった直後はポンド売りが強まったが、すぐに買い戻しが強まり、その動きを見たショート勢が一斉にショートカバーを入れたようだ。1.30ドル台前半に来ている21日線を一気に突破し、一時1.3070ドルまで上昇。

 4週間後には予算案の発表が予定されているが、ジャビド財務相らは思い切った財政拡大に消極的で、ジョンソン首相の不満が強まったためと見られている。市場は、ジョンソン首相の今回の行動を逆に、大胆な財政拡大策を首相は目指しているとの思惑に繋げたようだ。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 23
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 19
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標