ドル買い優勢もドル円は110円台前半に留まる=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場はドル買いが優勢となる中、ドル円は110円台前半での底堅い推移が続いている。きのうの米小売売上高に続き、きょうの住宅着工件数も13年ぶりの高水準となった。市場の反応は鈍かったが、米経済の好調さを示している。FRBの利上げまではさすがに期待感は無いが、利下げ期待は後退させているようで、据え置きの見方を更に強化しているようだ。

 米国債利回りも上昇し、米株も小幅ではあるが最高値更新が続いており、ドル円にとっては追い風が吹いている状況だが、その割には上値追いの勢いは鈍いように思われる。米中貿易協議も第1段階の合意で、ひとまず安心感に繋がっているようだが、厄介な課題はなお山積みで、警戒は続くとの声も少なくない。

 このような中、ロング勢も上値に慎重になっているのかもしれない。一方、ショート勢は戻り売りを試すタイミングを狙っている雰囲気もあり、米株の調整待ちといったところかもしれない。いずれにしろ、ドル円は110円台を維持しているものの、次のアクション待ちの雰囲気は依然として続いているようだ。

 ユーロドルは戻り売りが優勢となり、1.10ドル台に下落。きょうの下げで200日線を再び下放れる展開が見られており、下値警戒感を高めている。目先は1.1070ドル付近に来ている100日線が意識。

 ただ、1.10ドル台では買いの好機との声も聞かれる。米中が第1段階で合意したが、それにより中国経済の先行き不透明感が改善されば、ユーロ圏経済にとっても追い風であるほか、ECBの追加緩和は限界に来ており、更なる緩和強化は難しくなってきている。ユーロドルにとっては買い戻しの好機と見方もあるようだ。

 ポンドドルは売りを強め1.30ドル台前半まで下落。ロンドン時間に発表になった英小売売上高が予想外の減少になったことで、ここ数日高まっている英利下げ期待がさらに加速しているようだ。英短期金融市場では利下げ確率が75%まで高まっている状況。

 今週のポンドドルはショートカバーが活発化し、1.31ドル台まで買い戻されていたが、一気に戻り売りが強まり1.30ドル台前半まで下落。21日線を再び下回って来ており、来週以降の動向が注目される。英中銀は利下げを実施する前にもう少しデータを確認するものと見られる。その意味では来週の英雇用統計やPMIのデータが注目され、弱い内容であれば、今月30日の金融政策委員会(MPC)にでも利下げをする可能性もありそうだ。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 92

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 90

ドル円 50
豪ドル円 26
トルコリラ円 44

みんなのFX 83

ドル円 50
豪ドル円 20
トルコリラ円 44

GMOクリック証券 73

ドル円 48
豪ドル円 23
トルコリラ円 29
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標