ユーロ相場振幅も売り優勢に、ECBはあらゆる措置盛り込む=ロンドン為替

為替 

ユーロ相場振幅も売り優勢に、ECBはあらゆる措置盛り込む=ロンドン為替

 ECB理事会の結果発表を受けて、ユーロ相場は激しく振幅している。当初はマイナス金利の深堀りがマイナス0.5%と事前予想通りの結果だったこともあり、ユーロ買いが強まった。しかし、200億ユーロ規模でQE再開、利上げ直前にQE終了へ、金利階層化、フォワードガイダンスから期限を削除、TLTROの期間延長など、事前に想定されたあらゆる措置が盛り込まれたことで、一気にユーロ売りに傾いている。

 ユーロドルは1.1069レベルまで買われたあと、安値を1.0955近辺に広げており、100ポイント幅で上下動した。ユーロ円は119.33レベルまで買われたあとに、118.10近辺へと急落。

EUR/USD 1.0955 EUR/JPY 118.11 EUR/GBP 0.8895 USD/JPY 107.80

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC