広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

豪ドル円97.60円台まで下落 月次CPIが3カ月ぶりに5.0%台割れ 利上げ打ち止め観測高まる

為替 

豪ドル円97.60円台まで下落 月次CPIが3カ月ぶりに5.0%台割れ 利上げ打ち止め観測高まる

豪州10月の消費者物価指数は3カ月ぶりに5.0%台を下回った。食料、酒類、タバコ、保健医療は上昇した一方、衣類・履物が大きく低下。家具・家事用品、交通も伸びが鈍化した。

きのう発表された10月の小売売上高が予想外に減少したこともあり、豪中銀の利上げサイクルは終了したとの見方が強まっている。CPIを受け豪ドル円は一段安、一時97.60円台まで下げた。豪ドルは対ドルでも一時下落したが、すぐに戻している。利上げ打ち止め期待で豪州株は上げ幅を拡大している。

今年最後の豪中銀理事会は来週12月5日に開催。

消費者物価指数(10月)09:30
結果 4.9%
予想 5.3% 前回 5.6%(前年比)

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます