広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ドル円は147円台まで下げ幅拡大 午後にFOMC議事録 市場の期待は正当化しないか!=NY為替

為替 

 きょうもドル円は戻り売りが続いており、147円台まで下げ幅を拡大している。東京時間には一時147円台前半まで下落する場面も見られた。状況に変化はなく基本的に感謝祭ウィークのムードではあるが、その中でドル円はこれまでのロングポジションの解消が続いているようだ。

 FRBの利上げサイクル終了と来年の利下げ期待の台頭によるドル売りの動きがドル円を圧迫。また、これまでのような円売りの圧力もなく、ドル円は下押しされている状況。目先は146円台半ばに100日線が来ており、その下の146円台前半には7月からの上昇波のフィボナッチ38.2%戻しの水準が来ている。それらを視野に入れそうな気配が出ている。

 ファンド勢がオプション市場でドル円のコール(買う権利)を解消している一方、プット(売る権利)を購入しているとの観測も流れおり、下向きの雰囲気が強まっているようだ。

 本日は午後にFOMC議事録の発表が予定されている。FRBは追加利上げの可能性を温存し、タカ派なトーンがやや強かったFOMCではあった。ただ、市場は先週のインフレ指標や月初の米雇用統計などを受けて利上げサイクル終了と来年の利下げ期待を高めている。しかし、直近のFOMC委員の講演などでは「利下げを考えることは時期尚早」と口を揃えて述べており、本日の議事録が市場の期待を正当化する可能性は低そうだ。

USD/JPY 147.67 EUR/JPY 161.55
GBP/JPY 185.13 AUD/JPY 96.96

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 113
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 106
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 23
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

ヒロセ通商 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 119.1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます