FOMCにらむ展開、豪CPIはほぼ予想通り=東京為替概況

今日の為替 

FOMCにらむ展開、豪CPIはほぼ予想通り=東京為替概況

 ドル円は109円台後半での推移が続いた。前日の海外市場で株安を受けたリスク警戒の動きもあって109円50銭台まで値を落とす場面が見られたが、この後NY市場午後に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることもあり、東京市場ではポジション調整の買い戻しが当初は優勢に。前日の欧州、米国の株安を受けて寄り付きから大きく値を落とした日経平均が、下げ幅を縮めたことも序盤の買いにつながり、109円91銭まで買い戻しが入る場面が見られた。

 もっとも上昇一服後はやや頭の重い展開に。110円手前の売りを崩す勢いが見られず、109円80銭を割り込む動きに。

 ユーロドルは1.1820を挟んでのもみ合いに。昨日の海外市場ではロンドン午前のドル高に1.1770前後まで下落も、その後1.1841前後まで買い戻しが入るなど、振幅を見せたユーロドルであったが、この時間帯は目立った動意なく狭いレンジでのもみ合いに。

 10時半に第2四半期豪消費者物価指数が発表された豪ドルは第1四半期からの上昇が期待されていたこともあり、発表前に少し上昇も、ほぼ事前予想通りの結果に値を戻す動き。その後午後にはいて豪ドル売りの場面も0.7350割れまで。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標