主要通貨もみ合いに、イベントクリアと週末を前にした様子見ムード=東京為替概況

今日の為替 

主要通貨もみ合いに、イベントクリアと週末を前にした様子見ムード=東京為替概況

 ドル円は103円台後半の落ち着いた値動きに。注目されたバイデン次期大統領の追加経済対策については、昨日海外市場でNYタイムズなど複数メディアが報じた1400ドルの直接給付を含む1.9兆ドル規模となった。その他新型コロナウイルス対策についての発言なども見られたが、追加経済対策については昨日一度反応した後ということもあり、反応は限定的に。

 ドル円はイベントクリアの一服感と、週末を前にした様子見ムードが重なり、狭いレンジでの取引に。朝からのレンジは103円70銭から103円85銭前後まで。午後は103円80銭前後でのもみ合いに。

 ユーロドルも基本的にはもみ合い。1.2150を挟んだレンジ取引となった。午後に入って若干ユーロ売りが優勢となっており、1.2140割れと今日の安値圏。もっとも昨日NY市場市で1.2110近くまで下げており、NY市場のレンジの中での動き。

 ユーロは対円でもやや重く126円割れの動きに。ドル主導の展開の中、126円00銭台から126円20銭にかけての振幅が続いていたが、ロンドン勢の本格参加を前に126円割れを試す動きとなった。


MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標