ドル買い強まる、米長期債利回り上昇など背景に

見通し 

ドル買い強まる、米長期債利回り上昇など背景に

ドル円は一時104円手前まで、その後も103円台後半推移

【東京市場】ドル安一服も落ち着いた動き

 昨日の海外市場で102円70銭台から103円40銭台まで上昇後、103円割れまで値を落としたドル円。
朝は103円ちょうど前後での推移となり、102円95銭を付ける動きが見られたが、
その後ドル買いの動きが優勢となり103円20銭台まで。
 ユーロドルが朝の1.2345前後から1.2310台に値を落とすなど、ドル全般に買いが入る展開に。

 昨日節目の1%台に乗せた10年債利回りが高い水準を維持し1.04%前後を付けるなどの動きを見せたことがドル買いにつながった。日経平均が大きく買われ、リスク選好の円売りが出やすくなった面も。
一方で上場廃止方針が改めて示された中国通信3社を中心に中国株に売りが出たことでやや警戒感が出て
リスク選好のドル売りは一服。このところ円売り局面では同時にドル売りが出る展開が目立ったが、今日はドル買い円売りの流れに。

 ユーロ円は振幅。午前中はしっかりで127円20銭台を付けたが、その後やや値を落とした。
前日海外市場での高値に近づく展開となったが、抜けきれずいったん調整が入った。

【ロンドン市場】ドル高強まる

 海外市場に入ってドル高の動きが優勢に。
米10年債利回りの上昇が止まらず一時1.06%を付ける中でドル買いが広がる格好となり
ドル円は一時103円70銭前後まで。
 1.23を割り込んだユーロドルは売りが止まらず1.22台半ば割れまで。
 朝方上昇し1.3620台を付けたポンドも、その後ポンド売りドル買いが入り、往って来いに。
今回の選挙結果に反発する勢力の乱入などで混乱していた米議会が落ち着き、
バイデン氏が正式に次期大統領に。

【NY市場】ドル円104円台手前まで

 ドル高の動きが広がり、ドル円は104円手前まで上昇。
バイデン新大統領が正式に議会で認定されたことで
追加経済対策のための国債発行の拡大期待から米長期債利回りが上昇(米債価格が下落)、
ドル買いの動きにつながったと見られた。
特に金利差を意識したドル買い円売りが顕著に
昼頃103円90銭台を付けた後は動きが落ち着き103円台後半推移。
 ロンドン市場で1.2350割れを付けたユーロドルは安値圏もみあい
日本時間0時過ぎに再び1.2250割れもロンドン市場の安値に届かず。

【本日の見通し】ドル買い基調継続も週末を前に突っ込んだ動きに警戒

 米国や豪州での債券利回り上昇が目立つ展開。
米債に関してはバイデン新政権下での追加経済対策の強化が期待されており
その財源としての債券発行の拡大からの利回り上昇(債券価格下落)という流れか。
リスク選好の動きは継続も、金利差狙いの取引がやや活発化しており
リスク選好がドル売りにつながらない局面も。

 今日もドル円はしっかりの展開が見込まれるところ。もっとも今日は雇用統計を控えていることもあり
それまでに104円台を試す様な動きまでは厳しい可能性。

 雇用統計後は結果次第の面も。12月に入って米国で新型コロナウイルスの感染第3波の勢いが一気に強まっており
かなりの雇用の鈍化が見込まれている。
ただ、波乱含みで予想値の乖離が大きくなる可能性が高く
結果次第でドル円の流れも変わりそう。

 

【本日の戦略】週末をまたぐポジションには要注意

 流れ的には押し目買いも、雇用統計までは無理をせず。
結果を見ての反応か。ただ週末を前に突っ込んだポジションを維持することは難しい。
無理をせず来週からのスタートもあり。
デイトレは押し目買いから雇用統計前にいったんポジションを外して結果を受けての対応か。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/7 木曜日》
    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  103.04  1.2327  127.02
高値  103.96  1.2344  127.49
安値  102.95  1.2245  126.92
終値  103.81  1.2272  127.39
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/7 木曜日の主要株式指数》
日経  27490.13 +434.19
DOW   31041.13 +211.73
S&P    3803.79 +55.65
Nasdaq  13067.48 +326.69
FTSE   6856.96 +15.10
DAX   13968.24 +76.27
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/7 木曜日の商品市場》
NY原油先物2月限(WTI)(終値)
1バレル=50.83(+0.20 +0.40%)
NY金先物2月限(COMEX)(終値)
1オンス=1913.60(+5.00 +0.26%)
+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《1/7 木曜日に発表された主な経済指標》

【豪州】
貿易収支(11月)09:30
結果 50.22億豪ドル
予想 64.0億豪ドル 前回 74.56億豪ドル(貿易収支)

【スイス】
小売売上高(11月)16:30
結果 1.7%
予想 N/A 前回 3.1%(前年比)

【ユーロ圏】
ドイツ製造業受注(11月)16:00
結果 2.3%
予想 -0.5% 前回 3.3%(2.9%から修正)(前月比)
結果 6.3%
予想 2.1% 前回 2.3%(1.8%から修正)(前年比)

ユーロ圏消費者物価指数・速報値(12月)19:00
結果 -0.3%
予想 -0.3% 前回 -0.3%(前年比)
結果 0.2%
予想 0.2% 前回 0.2%(コア・前年比)
結果 0.3%
予想 0.3% 前回 -0.3%(前月比)

ユーロ圏小売売上高(11月)19:00
結果 -6.1%
予想 -3.4% 前回 1.4%(1.5%から修正)(前月比)
結果 -2.9%
予想 0.9% 前回 4.2%(4.3%から修正)(前年比)

ユーロ圏消費者信頼感・確報値(12月)19:00
結果 -13.9
予想 N/A 前回 -13.9

ユーロ圏景況感(12月)19:00
結果 90.4
予想 89.8  前回 87.7 (87.6 から修正)

【カナダ】
国際商品貿易(11月)22:30
結果 -33.4億カナダドル
予想 -35.0億カナダドル 前回 -37.3億カナダドル(-37.6億カナダドルから修正)

Ivey購買担当者景況感指数(12月)00:00
結果 46.7
予想 N/A 前回 52.7

【米国】
貿易収支(11月)22:30
結果 -681.0億ドル
予想 -673.0億ドル 前回 -631.0億ドル

新規失業保険申請件数(12/27 – 01/02)22:30
結果 78.7万件
予想 80.0万件 前回 79.0万件(78.7万件から修正)(前週比)
結果 507.2万件
予想 520.0万件 前回 519.8万件(521.9万件から修正)(継続受給者数)

ISM非製造業景気指数(12月)00:00
結果 57.2
予想 54.5 前回 55.9
+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/7 木曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》
【日本】
*岡村財務官
コロナや市場動向で意見交換、3者会合を開催。
万全の取り組みをしていることを確認、新型コロナで。
市場の安定は極めて重要。
政府、日銀は経済動向を注視する。
国内は緊急事態宣言の発出について話した。

*菅首相
緊急事態宣言、東京など1都3県 新型コロナで。
緊急事態宣言、期間はあすから2月7日まで。

*菅首相
感染を減少傾向に転じさせるために緊急事態宣言を決断。
知事が時短要請に従わない飲食店の公表可能に、政令改正。
時短には1月当たり180万円までの協力金を支援1都3県。
ステージ4を早急に脱却する。
コロナ病床1床あたり450万円の補助を上乗せ。
もう一度制約ある生活をお願いせざるを得ない。
外出時はマスク着用、不要不急の外出避ける、テレワーク推進。
この状況は必ず克服できる。
感染拡大防止にありとあらゆる方策を講じる。
1カ月後には必ず事態改善させる。
(会見)

【米国】
*米議会
バイデン氏の得票が270票を上回ったと認定 作業は継続。

*側近スカビノ氏
トランプ氏、20日に秩序ある政権移行との声明。

*フィラデルフィア連銀総裁
第1四半期の米GDPはマイナス成長の可能性がある。
9000億ドルの追加経済対策は経済を浮揚させるだろう。
2021年下期と2022年にかけての経済は力強さを見込む。
資産購入ペース縮小は近い将来にはない。
2021年終盤にはその可能性は潜在的にある。
資産購入ペース縮小を急ぎ過ぎると市場に悪影響。
実際に経済が過熱するまで、債券を着実に購入し続ける。

*リッチモンド連銀総裁
指標からインフレの兆候を見つけるのは難しい。
ディスインフレ圧力が継続。
2021年の後半は上昇する可能性。
在庫水準の低さや低金利が住宅市場の需要を後押し。

*エバンス・シカゴ連銀総裁
金利上昇は2024年以降に始まると予想。
失業率は年末に約5%になると予想。
2021年の経済に楽観的。
2021年は4%程度の成長を期待。
シューマー米上院院内総務
すぐトランプ大統領を罷免すべき
憲法修正第25条の発動もしくは、弾劾すべき。

*バイデン次期大統領
きのうは米国の歴史の中で最も暗い1日だった。
議事堂へ乱入した暴徒は国内テロリストだ。
トランプ大統領は法の支配を侮辱した。
トランプ大統領は諜報機関を攻撃した。
トランプ大統領が議事堂を攻撃するために暴徒を引き起こした。

【ユーロ圏】
バイトマン独連銀総裁
新型コロナ感染の第2波が冬季の経済回復を阻害した。
今後の経済は昨年の第2四半期のような落ち込みにはならないだろう。
最新の見通しには基本的に疑問を持っていない。
ECBは緊急措置を恒久化へと転じないこと確実にすべき。
+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【日本】
景気一致指数・速報値(11月)14:00
予想 89.4 前回 89.4

景気先行指数・速報値(11月)14:00
予想 96.6 前回 94.3

【スイス】
失業率(12月)15:45
予想 3.6% 前回 3.3%(季調前)
予想 3.4% 前回 3.4%(季調済)

【ユーロ圏】
ドイツ鉱工業生産(11月)16:00
予想 0.7% 前回 3.2%(前月比)
予想 -2.3% 前回 -3.0%(前年比)

ドイツ経常収支(11月)16:00
予想 240.0億ユーロ 前回 225.0億ユーロ

ドイツ貿易収支(11月)16:00
予想 196.0億ユーロ 前回 194.0億ユーロ

ユーロ圏失業率(11月)19:00
予想 8.5% 前回 8.4%

【カナダ】
雇用者数(12月)22:30
予想 -2.0万人 前回 6.21万人

失業率(12月)22:30
予想 8.6% 前回 8.5%

【米国】
非農業部門雇用者数(12月)22:30
予想 5.0万人 前回 24.5万人

失業率(12月)22:30
予想 6.8% 前回 6.7%

卸売売上高(11月)9日0:00
予想 前回 1.8%(前月比)

卸売在庫・確報値(11月)9日0:00
予想 -0.1% 前回 -0.1%(前月比)

執筆者 山岡和雅

執筆者 : 山岡和雅|MINKABU PRESS 外国為替情報担当 編集長

1992年米チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)東京支店入行、ディーリングルームに配属され、外国為替ディーラーに。英ナショナルウェストミンスター銀行、RBS銀行などで10年以上外国為替ディーラーとして市場の最前線に。その後大手FX会社などで外国為替市場のアナリストとして個人向けの外国為替情報の配信業務に携わり、2016年3月から、みんかぶグループに参画。 (社)日本証券アナリスト協会検定会員

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 60

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.5 銭(原則固定)

SBIFXトレード 59

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.28 銭(原則固定)
ポンド円 0.5 銭(原則固定)

外為どっとコム 57

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

GMOクリック証券 35

ドル円 9
豪ドル円 1
トルコリラ円 10

LIGHTFX 34

ドル円 2
豪ドル円 15
トルコリラ円 1

FXプライムbyGMO 31

ドル円 4
豪ドル円 3
トルコリラ円 11
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC